HOME > もし災害が発生したら > 雪道・凍結路の注意点

雪害発生時

雪道での運転

■雪道での運転

  • 雪道では急な車線変更などでスリップによるトラブルに注意。
  • 発進時はアクセルをじわりと踏み込み、ゆっくり発進する。
  • タイヤチェーンは、路面に雪があったら早めの装着が大切。

 雪道の運転ではどんなことに注意すればよいのですか?

雪道でスタックした場合

■雪道でスタックした場合

  • タイヤがスリップしたり新雪にはまった場合は、ゆっくりとクルマを前後に動かしてタイヤ周辺の雪を踏み固めるようにする。
  • 道路脇に砂箱があれば、駆動輪の外周にこの砂を振りかける。

 雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?

豪雪で身動きが取れなくなった場合

■豪雪で身動きが取れなくなった場合

  • 地吹雪などホワイトアウトの状況ではハザードランプを点灯して停車。
  • マフラーの排気口が雪でふさがれると一酸化炭素中毒の危険が伴う。
  • 救援を待つ間に、排気ガスの逃げ道だけでも除雪を行う。

 豪雪で身動きが取れなくなったときの対応は?  車が雪で埋まった場合、CO中毒に注意!

雪道に関する予備知識

雪道を走る前に準備しておきたいもの

■雪道を走る前に準備しておきたいもの

  • スタッドレスタイヤ装着時でもタイヤチェーンとジャッキは必須。
  • 冬場は不測の事態に備えブースターケーブルを用意したい。
  • 毛布は車内の防寒具としてだけでなく、雪道の脱出用にもなる。

 雪道を走る前に準備しておきたいものとは?  スタッドレスタイヤを装着するときの注意点とは!  厳冬期の車中泊。寒さをしのぐ対策は?

雪道の危険ポイント

■雪道の危険ポイント

  • 風通しのよい橋の上や陸橋、トンネル出入口付近がもっとも危険。
  • アイスバーンは雪道以上に滑るので注意が必要。
  • 道路脇の道路との境の矢印や反射板のポールを見当に走行する。

 知っておきたい雪道の危険ポイントはどこですか?  路面は黒いけど、止まれない!「ブラックアイスバーン」とは?

雪道ドライブのきほんの「き」

雪道ドライブのきほんの「き」

その他の災害

自動車保険について

地震・噴火・台風・洪水・高潮・津波などによる自然損害には、対人賠償保険・対物賠償保険・無保険車傷害保険が適用されません。ただし、一時金をお支払いする特約を販売している保険会社もあります。あらかじめご自身の契約している保険の内容を確認し、災害に備えましょう。

■JAFクルマ何でも質問箱

JAFを呼ぶ

■ロードサービス救援コール

もっと詳しく 
ロードサービス救援コール

通話料は有料(固定電話は1分/10円、携帯電話は20秒/10円)。
ただし、一部のIP電話等からはご利用になれません。
※携帯電話からおかけの場合、基本使用料金に含まれる無料通信分の対象とはなりません。

短縮ダイヤル

●ナビダイヤル及び短縮ダイヤルがご利用になれない場合は こちらまで

このページのトップへ