• JAFのあゆみ
  • ロードサービス
  • JAFホームページ
  • JAFMATE
  • JAFユーザーテスト
  • JAFマーク
始まりといま

JAFホームページの変遷

ホームページ開設の情報は1997(平成9)年の 『JAF MATE』 9月特別号でも紹介。
開設からの2ヵ月間の利用(アクセス)数も掲載。
トップは全体の42.2%を占めた 「ドライブガイド」 だった。



ネット次代の新たな情報サービス

JAF ホームページ開設のプロジェクトが動き出した1996(平成8)年は、ホームページを開設していた企業や団体はまだ少なく、
国内では官庁や大企業を中心とした約4000社ほどしかなかった。全世界で爆発的な販売を記録した、
マイクロソフト社の 「Windows95」 が日本で発売されたのが1995(平成7)年の11月末。
パーソナルコンピューターはまだまだ高価だった当時、すでに先を見据えたプロジェクトを立ち上げていた。
折しもJAFは、1997(平成9)の3月末をもって旅行サービス業務の中止を決定していたため、それに代わる新たな会員サービスの拡大・拡充を推進していた。
JAFホームページはその新たなサービスのひとつとして制作され、1997(平成9)年4月1日に開設。当初はJAFの基幹事業をPRするコンテンツのほか、
公益法人としては珍しい多彩なゲーム機能も加えられた 「ドライブガイド」 が話題となり、JAFのPRに大きく貢献した。

 
1997年
JAFのホームページが開設されたのは1997(平成9)年の4月1日。
当初作成されたページはA4換算で1500頁だったが、その後に追加や更新を行い年度末には2800頁になった。
右下の写真6点は開設当時の各コンテンツのトップ画面。現在の情報量に比べると実にシンプル。
1998年
開設から約1年後のトップページ。新着情報のHOTページとリンク集のページが追加された。
また、ホームページを通じ各種アンケート調査も実施。計1万名以上の方々から回答が寄せられた。
2008年

2008(平成20)年7月からスタートした 「JAFなび」。
JAFがおすすめする日本全国のドライブコースを、
場所や季節、情景などのキーワードで検索できる。
また会員が任意に設定したドライブコースの距離や走行時間なども表示される。
現在は 「JAFナビ」 と改名し、豊富なドライブ情報を提供している。

2013年
地域ごとの最新情報やドライブ情報、モータースポーツやユーザーテストの動画配信まで、
さまざまな情報を掲載し多様化するユーザーのニーズに対応している。
2011(平成23)年にはTwitterに、2012(平成24)年にはFacebookに公式アカウントを開設した。
日本自動車連盟(JAF)
Twitter
Twitter facebook
ロードサービス JAF Mate
このページのトップへ