1. 1960〜
  2. 1970〜
  3. 1980〜
  4. 1990〜
  5. 2000〜
  6. 2010〜

1970年代

 

1970 (昭和45)年

3月 日本万国博覧会 「EXPO’70」(大阪万博)で特別ロードサービス実施
4月 入会金1500 円、会費2500 円に一本化
ラジオ三元放送
5月 『躍進するJAF』 発行
’70JAF GPを主催
8月 オートキャンプの集い 「サマードライブ朝霧」 開催
9月 東京支部に交通安全実行委員会発足
10月 自動車新税反対第2次全国総決起大会
法規、技術、登録、レース、ラリーの各スポーツ委員会設置
11月 「JAF」 の字体統一
12月 本部旅行サービスセンター設置

'70JAFグランプリを主催(1970年)

自動車新税反対第2次全国総決起大会
(1970年10月)

 

1971 (昭和46)年

1月 『モータースポーツ・ハンドブック』 創刊
2月 上村健太郎、第3代会長に就任
5月 ’71JAF GPを主催
6月 九州自動車道のロードサービス開始
9月 オーストラリアAAAと会員サービス相互供与協定締結
10月 『JAFドライブマップ』(10 円マップ)発行
来日外国人向け 『Motoring in Japan』 発行
12月

「1万人会員獲得キャンペーン」
関越自動車道でロードサービス開始

『JAFドライブマップ』 (1971年)

来日外国人向け「Motoring in Japan」 発行(1971年)

 
1972 (昭和47)年
1月 本部住居表示変更(東京都港区芝公園3-5-8)
3月 第1回職員運転教育委員会
4月 ニュージーランドNZAAと会員サービス相互供与協定締結
TIRカルネの発行、保証団体の認可を取得
日本初のFIA春季総会(京都)
5月 ’72日本GPを主催
6月 関西交通安全実行委員会発足
12月 警察庁、サービスカーの緊急自動車指定取扱を承認

日本初のFIA春季総会(京都、1972年4月)

 
1973 (昭和48)年
1月 会員50万名突破
2月 「自動車排出ガス規制に伴う整備措置に関する意見と要望」 を運輸大臣に提出
「公害に係る健康被害損害賠償保障制度に関する意見と要望」 を環境庁長官に提出
3月 「ガソリンの無鉛化についての意見と要望」 を通産・運輸両大臣、環境庁長官に提出
運輸省、サービスカーの緊急自動車指定取り扱いを承認
4月 年会費を3000 円に値上げ
5月 ’73日本GPを主催
6月 ESM本部発足
10月 第20回東京モーターショーで 「自動車関係諸税増徴反対」 の署名活動
第20回東京モーターショー会場にESMコーナー開設(〜11.25)
11月 「自動車関係諸税増徴反対全国総決起大会」

第20回東京モーターショーのESMコーナー
(1973年10月)

 
1974 (昭和49)年
2月 「ガソリン価格の値下げ要望書」 を石油連盟等に提出
『JAFニュース』 号外 「ガソリンの値下げを要求する」 発行
「ガソリン問題対策本部」 発足
4月 ビジネスメンバー加入料を3000 円に
協賛テレビ番組 「ホリディ作戦プラス1」 でESMコーナー担当
6月 「交通安全パネル討論会」 実施
12月 入会金2000 円、会費4000 円に

自動車関係諸税増税徴反対ポスター
(1974年)

 
1975 (昭和50)年
3月 香港HKAAと会員サービス相互供与協定締結
4月 ビジネスメンバー加入料を1000 円値上げ
第1回 「JAF自動車環境調査会」 を実施
5月 高橋幹夫、第4代会長に就任
6月 第1回全国支部入会促進コンテスト実施(〜8.31)
9月 初のシートベルト着用実態調査を実施(東名・東京料金所)
10月 「JAF’75講演と映画のつどい」 を全国8都市で開催
11月 第1回AITアジア太平洋地域総会(〜18、シンガポール)
12月 「51年排ガス規制対策車の技術講習会」 を実施

第1回 「JAF自動車環境調査会」 (1975年4月)

「JAF'75講演と映画のつどい」
東京会場(1975年10月)

 
1976 (昭和51)年
2月 西ドイツADACと会員サービス相互供与協定締結
5月 アメリカAAA、カナダCAAと会員サービス相互供与協定締結
8月 正会員を一般会員に改称
10月 身体障害者の入会金を無料に
「F1世界選手権インジャパン」 国内初開催
第1回全国ロードサービス隊長研修会を実施
11月 中部本部が 「市民参加による交通安全を考えるつどい」 を主催
12月 JAF交通安全キャンペーン 「安全の日365」 開催

身障者のためのESM講習会を
府中自動車運転免許試験場で開催(1976年)

 
1977 (昭和52)年
3月 「交通安全の夕べ−虹に向かって」 (東京)開催
4月 社内報 『JAFサーキュラー』 を 『ひろば』 に改題
「連盟訓」 を制定
7月 会員100万名突破
8月 千葉支部で自動2輪車のサービスカー稼働
9月 『JAF NEWS』 を 『JAF MATE』 に改題
会員100万名達成記念式典
第1回「交通安全フェア」 にJAFコーナー開設
「JAF地域別道路地図」 を全会員に配布
10月 「'77F1世界選手権・日本GPレース」 開催
11月 東京支部にて 「交通安全セミナー」 実施
12月 神奈川支部が連盟初のテレホンサービス開始

JAF会員100万名達成を記念して
海外旅行抽選会を本部にて実施
(1977年7月)

草柳大蔵、田川博一、松島雄一郎各氏と高橋幹夫会長により新誌名の審査が行われ、『JAF MATE』 に決定した(1977年9月)

 
1978 (昭和53)年
1月 『JAFカート』 を 『JAFスポーツ』 に統合
4月 会員番号と会員証の様式を変更
第1次会員管理システムを稼働
6月 中部本部が 「JAFファミリー・キャンピング・クラブ」 発足
8月 創立15周年記念 「’78JAFサマーフェスティバル」 (馬籠)
10月 第1回全国ロードサービス競技大会実施
11月 AIT理事会
自動車新税創設・増税反対決起集会
JAF PR映画 「明日の広場へ」 製作
12月 『安全な交通社会を目指して』 発行
「自動車関係諸税増税阻止全国総決起大会」

第1回全国ロードサービス競技大会実施
(1978年10月)

名古屋での反税集会(1978年11月)

 
1979 (昭和54)年
4月 『JAFツーリングマップ』 の無料配布開始
島根支部設置。全国53支部体制が完成
8月 英語版 『RULES OF THE ROAD』 発行
9月 「交通安全標語募集−国際児童年に向けて」 実施
10月 講演会 「車と省エネルギーを考える」 を開催
11月 第23回東京モーターショーに 「JAFコーナー」 開設
自動車諸税の増税阻止決起集会と街頭デモ
12月 ロードサービス隊新制服着用開始

英語版 「RULES OF THE ROAD」(1979年8月)

前へ(1960年〜) 次へ(1980年〜)
このページのトップへ