1. 1960〜
  2. 1970〜
  3. 1980〜
  4. 1990〜
  5. 2000〜
  6. 2010〜

1990年代

 

1990 (平成2)年

3月 '90JAF GP全日本500qレース大会
6月 マキノ正美、第5代会長に就任
10月 F1日本GPで鈴木亜久里が3位に入賞
第1回モータースポーツ運営委員会
モータースポーツ機構を改編し新しい委員会制度に
11月 交通安全に関する団体連絡会に参加
JAFモータースポーツ評議会など委員選任

'90F1日本GP表彰式(鈴鹿サーキット)

 

1991 (平成3)年

2月 ロードサービス隊、新制服の着用開始
4月 新旅行システム 「アクセル(AXEL)」 稼働
5月 第1回経営企画会議にて平成第一次3ヵ年計画を策定
6月 『機能マヒ寸前のTOKYO』 刊行
7月 アメリカNBCテレビがJAFを取材
9月 第1回JAMA&JAFセーフティトレーニング
12月 中嶋悟に 「JAFモータースポーツ功労賞」

功労賞を贈られたF1レーサー中嶋悟(右)

 
1992 (平成4)年
1月 NTV 「大追跡ロードサービス隊密着24時」
「タイミングベルト切れ多発」 JAF報告を読売新聞が紙面トップに
3月 AIT第11回アジア太平洋地域総会
4月 四国本部発足
5月 乗用車の高速道路料金引き下げ要望書を提出
8月 「ソーラーカーレース鈴鹿’92」 を共催
10月 鎌倉副会長がFIA理事に選出される
12月 ビデオ 「セーフティトレーニング」 製作

NTV 「大追跡ロードサービス隊密着24時」
(1992年1月)

 
1993 (平成5)年
1月 家族員登録制度を新設
4月 北海道本部発足
6月 鎌倉節、第6代会長に就任
8月 鹿児島水害で車両の被害甚大
11月 会員数1000万名を達成
シートベルトコンビンサーを追加配備

鹿児島水害で被災地に救援隊を派遣
(1993年8月)

 
1994 (平成6)年
1月 『JAF MATE』 の発行回数を年11回から10回に変更
4月 平成第二次3ヵ年計画スタート
「環状道路の完成を急げ」 全面広告
F1パシフィックGP開催
5月 外国運転免許証翻訳文発行団体に指定
泉勝、第7代会長に就任
第12回AITアジア・太平洋地域東京総会
8月 炎暑の活躍報道197本/月
10月 「マイカー整備ノート」 作成
11月 F1日本GP開催

1000万会員達成記念と新春祝賀交歓会
(1994年1月)

 
1995 (平成7)年
1月 関西本部に 「阪神・淡路大震災地震対策本部」 設置
4月 阪神・淡路大震災の被災者に寄せられた 「JAFモータースポーツ義援金」 を日本赤十字社に寄託
8月 自振会員に 「シートベルト保険」 特典付与
9月 中央研修センター(JCTC)竣工
11月 組織運営検討委員会を設置
第2回ITS世界会議を支援

隣接の地方本部・支部から災害救援車両がかけつけた (阪神・淡路大震災、1995年1月)

 
1996 (平成8)年
1月 『JAF MATE』 初の付録、全国版地図を会員全員に配布
2月 会員を対象に初の満足度調査を実施
4月 救援コール 「♯8139」 を全国導入
5月 第4次会員管理システムを稼働
「JAFの基本理念、JAFの運営指針」 を制定
マスコットキャラクター 「ジャッキー君」 を採用
6月 「JAFモータースポーツ懇談会」 発足
7月 家族員数100万名を超える
JAF初の年次報告書を全会員に配布
10月 「シニア・ドライバーズスクール」 開始
「JAF業務推進計画」 の広告を全国紙に掲載
11月 コンビニエンスストアで会費収納の取り扱い開始

第三者の意見を広く取り入れるために 「JAFモータースポーツ懇談会」 が発足した
(1996年6月)

 
1997 (平成9)年
3月 初のテレビCMを放映
4月 ホームページを開設
災害対策用車両20台を導入
ロードサービス対象車種を3 t 以下に拡大
ロードサービス統計および24時間会員照会システム稼働
会員サービス部新設(旅行サービス部廃止)
7月 エコ・ドライブ推進本部が発足
8月 聴覚障害者に対しFAXによる救援受付開始
9月 「エコ・ドライブ宣言」 活動を開始
12月 「地球温暖化防止京都会議」 に参画

大地震を教訓に災害対策レッカー
車等を導入(1997年4月)

JAFホームページを開設(1997年4月)

 
1998 (平成10)年
3月 CARTシリーズがツインリンクもてぎで初開催
入会促進のためのテレビCMを全国展開
4月 平成第三次3ヵ年計画スタート
業績評価表彰制度始まる
5月 チャイルドシート着用実態の全国調査を実施
6月 エコドライブ推進本部が 「環境保全功労者」 表彰
10月 「第5回ITS世界会議」 に受付指令システム出展

「ツインリンクもてぎ」で
CARTレースを初開催(1998年3月)

 
1999 (平成11)年
4月 会員数と家族員登録数の合計が1500万名を突破
5月 AITとFIAの東京総会を開催
6月 第42回通常総会で定款改正を承認。
仁平圀雄、第8代会長に就任
9月 「エコ・ドライブ宣言」 の宣言者が20万名を突破
12月 「自動車登録番号標付き車両によるレース開催規定」 を制定

AITとFIAの東京総会を新高輪
プリンスホテルで開催(1999年5月)

前へ(1980年〜) 次へ(2000年〜)
このページのトップへ