ご案内

国土交通省へ現在検討している高速道路料金引き下げについての意見書を提出

この程、国土交通省と高速道路会社により、高速道路料金の引下げ案の「高速道路の有効活用・機能強化に関する計画(案)について」が発表されました。

主な内容として

  • ・大都市圏を除き、乗用車は土日祝日原則上限1,000円
  • ・大都市圏を除き、平日の全時間帯で3割程度の割引
  • ・首都高速道路、阪神高速道路の休日に一定の割引を導入

などとなっています。

JAFはこの案に対し、これらの割引がETC利用者のみが対象となっていることから、ETC車載器等の装着をしていないユーザーも割引を受けられるよう要望しました。

国土交通省ホームページ:高速道路の有効活用・機能強化について
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000051.html

高速道路の有効活用・機能強化に関する計画(案)に関する意見

この度発表された「高速道路の有効活用・機能強化に関する計画(案)」においては、自動車ユーザーの要望の多い高速道路料金の引下げが実施されることや、有料道路を連続で乗り継ぐ場合でも割引が適用されることは望ましく思います。

しかし、これらの割引はETC利用が条件となっているため、ETC車載器の購入補助や、クレジットカードを持たないユーザーへのETCカード取得の援助といった対策が進められているものの、現金利用のユーザーは何の割引も受けることができません。

普段、高速道路を利用する機会が少なく、ETC車載器等の装着を考えていないユーザーもいることから、現金を利用する場合においても何らかの割引を享受できる対策を検討されるよう望みます。
このページのトップへ