雪道ドライブのきほんの「き」

  • TOP
  • 準備編
  • 計画編
  • 現地編

準備編

雪道をマイカーでドライブに行くなら、
まずタイヤの準備が必要です。
雪道に備えたタイヤの準備は、大きく分けて2種類。
スタッドレスタイヤに履き替える方法と、
タイヤチェーンを用意する方法があります。

準備編
動画でアドバイス
スタッドレスタイヤ

凍結路など冷たい路面でも、固くなりにくいゴムで作られていて、雪でも氷でもグリップするように設計されています。
雪道でなくても走行できるので、自宅で4輪ともスタッドレスタイヤに交換して使いましょう。

写真:スタッドレスタイヤ
タイヤチェーン

タイヤチェーンは、ゴム製と金属製の2種類があります(写真はゴム製)。
たいていは2本セットで販売されており、駆動輪に装着して使います。
路面が雪道になってから装着します。

もっと詳しくはこちら
写真:タイヤチェーン
レンタカーという手もアリ!?

雪道ドライブにはレンタカーを使う、という方法もあります。
レンタカーは冬季にスタッドレスタイヤに履き替える場合が多いので、車両を借りたらそのまま雪道を走れます。
また、雪国で必須のウォッシャー液は必ず補充されています。
もちろん、JAF会員なら、レンタカーでもマイカー同様、万が一の時には救援にうかがいます。

JAF会員優待のレンタカー
写真:レンタカーという手もアリ!?

こんな特徴があります

Safety 安全性 Economy 経済性 Convenience 利便性
スタッドレスタイヤ

4輪すべてにつけるので、安定したグリップ力が期待できます。最近のスタッドレスタイヤは技術革新が目覚ましく、新製品のグリップ性能はとても高くなっています。

スタッドレスタイヤとホイール4セットを揃えると、比較的高額になってしまいますが、走行距離などによっては2シーズンは使えるので、何度も雪道を走るなら格安とも言えます。

一度スタッドレスタイヤに交換すれば、いつでも雪道を走れる便利さがあります。使わないタイヤの保管場所を確保し忘れないようにしましょう。

タイヤチェーン

チェーンを装着しない2輪は、むき出しの夏タイヤなので、下り坂のカーブなど、運転が難しい場面もありますが、登坂性能は安心です。

チェーンは、スタッドレスタイヤに比べて、比較的安価。サイズによっては手に入りにくい場合もあるので、早めに販売店などに確認しましょう。

雪道以外では、装着した状態で高速走行はできないので、必ず現地で装着しましょう。寒い車外で、慣れないチェーン装着をする必要があります。

レンタカー

レンタカーはたいてい、冬季はスタッドレスタイヤに履き替えますが、念のため、予約時に確認しましょう。ESC(横滑り防止装置)付きの車両を選べば、さらに高い安全性が確保できます。

借りるだけで数千円〜数万円かかるので、高価なイメージもありますが、最近は各種割引も充実。JAF会員優待で割引が受けられるレンタカー店をチェックしましょう。

ウォッシャー液もきちんと補充されています。乗り慣れたマイカーではないので、運転時の疲労やストレスが高まることも。年末年始などの繁忙期は、早めに予約しましょう。

できれば準備したい あると便利な雪道ドライブグッズ

軍手

タイヤチェーンの装着や雪下ろしのときなど、外での作業時に重宝。交換用に、数枚準備しておくのがベター。

スクレーパー

朝、フロントガラスなどに降りた霜は、スクレーパーでこそぎ落とすのが便利。レンタカーには用意されていることも。

解氷スプレー

鍵穴の凍結やフロントガラスの霜落とし時などにも利用できます。ワイパーがフロントガラスに貼り付いてしまったときも重宝。

長靴

雪道は得てして足場が悪いもの。ぐちゃぐちゃの路面や、雪深いところでの作業時には必須アイテム。

懐中電灯

雪道のトラブルは、昼間だけとは限りません。街灯もない真っ暗な夜ということもあります。懐中電灯がないと手も足も出ません。

スコップ

駐車中に降り積もった雪のせいで、車が動かせなくなることも。そんなとき、車両の前後の路面を雪かきできるスコップは便利。

砂

スタックしてタイヤが空転したときに、滑り止めの砂を使うとスタックから脱出できることも。それでも脱出できなければ、JAFへ連絡。

JAF会員証

雪道ではトラブルが起きるものと思って常に携帯を。
もちろん、各種優待施設で提示すれば会員優待価格で利用できます。

そのほかの準備は・・・?
このページのトップへ