選ぼう使おうACC-くるま社会の未来を変えるスーパーアイテム。あなたのコメントがクルマの未来を変えるかも!

西村直人の「これからの自動運転、みんなの技術」

目前に迫る「自動運転」の時代。わが国の政府も2020年までの実用化を掲げています。
ハンドル操作が不要になる? 前方車両の追い越しまで車が自動でやってくれる?
いやいや、実は「自動運転」ってそれだけじゃありません。
自動運転の開発によって培われた技術は、さまざまな分野への転用が期待されています。
自動運転の技術と、その自動運転が変革していく社会を、最新情報を織り交ぜながら、
このコラムでは解説していきます。

本コラムページには、読者からACCに関する多数のコメントが寄せられています。その中のこれはというコメントをテーマにとりあげ、当ACCサイトの執筆/監修を行う西村直人が編集担当に解説する形で話が進みます。

読者のACCの疑問に回答「こんな場合は、ACCを切るのですね」(イメージ)
編集担当

今月もたくさんの投稿をいただきました。中身もACCに関する専門的なご意見やご提言から、使ってみての具体的な感想や疑問まで多岐にわたり、寄せられる声にもずいぶんと幅が出てきているんですよ。

西村さん

普及率が高まってくることで、こうして皆さんが利用された際のコメントがたくさん寄せられてきますよね。また、本格的なACCが国産車に誕生して15年目を迎えたことから、中古車市場でもACC装着車が増えてきています。いわゆるセカンドユーザーやサードユーザーの手に渡りはじめているわけです。一方で、ACCはこの15年で技術的な進化を遂げています。アクセル制御やブレーキ制御の緻密さに加えて、センサーを自車のステアリング操作に連動させ前走車の追従性を向上させてきました。

編集担当

それでは、今月は、ACCと眠気に関する疑問からです。どうぞ!

ACCを使うと、眠くなる?眠くならない?

「ACCを使うと緊張感がなくなり、眠くなるのか? それとも疲労感が軽減されて、逆に眠くならないのか?」

(Vストロームさん 40代男性/静岡県)
編集担当

ACCによってドライバーの運転に関する作業負荷が軽くなると、ドライバーの眠気って強くなっちゃわないですか? 対策はあるのでしょうか?

西村さん

運転操作から部分的に解放されることから、かえってそれが眠気を誘うのではないか……、とのご指摘です。確かに、アクセル操作とブレーキ操作の一部分をシステムが行うことがACCの役割ですから、当然、ドライバーの運転操作量は減少します。よって、長距離走行時の身体的な疲労軽減効果は体感頂けることと思います。しかしながら、ご存知のとおり運転は単純な操作だけでは成立しません。前走車の動きに加え、左右や後方の車両の動きを目視で確認し安全な走行状態を保つ“監視”はドライバーの役割です。また、周辺の交通状況に合わせてシステムが行うアクセルペダルやブレーキペダルをドライバーが踏み足す必要性が残っているのです。一般的な運転操作の30%程度をACCが代ってくれる、と認識すると良いでしょう。従って、ACC走行中に眠気を感じたら早めにSAやPAに入りクルマから降りて身体を動かし血流を促すとともに、15~20分程度の休憩をとってください。

編集担当

なるほど…。次のご意見はこちらです!

読者のACCの疑問に回答「ACCを使うと、眠くなる?眠くならない?」(イメージ)
ACCを優先的に取り付けた方がいい車は?

「上空から渋滞を見たら数台の車が明らかに渋滞を招く要因になっています。その車輌が出た途端スムーズに流れます。その車輌だけでもACC付けたら渋滞が少なくなると思うのは私だけでしょうか?」

(時岡敏夫さん 60代男性/兵庫県)
編集担当

ACC(をはじめ先進安全技術)は、必ずしもよーいドンですべての車が同時に搭載できるわけではないですよね。優先的にACC(をはじめ先進安全技術)を取り入れるべき車ってどんな車なんでしょうか?

西村さん

ACCは搭載車が増えるとともに、自車周囲の車両が1台でも多く利用することで安全な運転環境が生まれます。よって、優先順位はなく普及率を高めることが大切です。また、こうした環境に通信技術が加わるとさらに前走車に対する追従性能が向上します。

ACC最前線/特別編未来のACCで紹介しているCACC(Cooperative Adaptive Cruise Control)の利用環境がその一例です。ご質問にある優先順位ですが、あえてつけるとすれば、車両重量がかさみ一旦減速すると加速に多くの燃料と時間を要する大型商用車です。なかでも物流を担う大型トラックはわずか数%燃費数値が悪化しただけでも年間走行距離が乗用車の数倍から数十倍と多いことから燃料費に大きく響きます。政府では、2018年1月23日~25日には新東名高速道路で、そして同1月30日~2月1日にかけては北関東自動車道にて大型トラックでのCACCを用いた隊列走行の実証実験を行います。隊列走行とは数台の大型トラックで隊列を組んで走行することで、これにより空気抵抗を低減し燃費数値を向上させることが期待されています。

編集担当

ところで、ACCをはじめ先進安全技術の過渡期の段階では、先進安全技術が搭載の車も搭載されていない車もごちゃ混ぜになって走るわけですよね。問題はないのでしょうか?

西村さん

混在期間は今後もしばらくは続くでしょう。これは搭載車が増えていかないことには解決しません。しかし、ACCでの混在は現在での道路環境ではさほど問題にはなりません。それよりむしろ、ACCの間違った使い方である一般道路でACC走行を行うドライバーが少なからずいらっしゃることのほうが問題です。ACCはアクセル操作とブレーキ操作にそれぞれ上限値があり、一定以上の加速や減速が行えないからです。先進安全技術は正しく普及してこそ真価を発揮できるものであり、その性能はあくまでも運転支援レベルにとどまります。将来的には、ACCをはじめとした先進安全技術が高度化し、使用できる道路環境が増えることで自律自動運転社会が実現しますが、それまでは先進安全技術への過信をすることなくドライバーが責任を担うことで安全な運転環境をつくりだすことが大切です。

読者のACCの疑問に回答「ACCを優先的に取り付けた方がいい車は?」(イメージ)
いかがでしたか? 読者の皆さんから寄せられたコメントにお答えしていく中で、ACCってどんな技術なのかがより明確になってくればと思っています。
次回もお楽しみに!

公開日 2018年01月30日

西村 直人氏(交通コメンテーター)

西村 直人【交通コメンテーター】

特別編「CACCを試してみた」

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。2007年度東京都交通局バスモニター。「JAF Mate」誌では、本誌初の二輪連載企画を4年間担当。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。

  • 日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J)理事(ITS分科会リーダー)
  • (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員
  • (協)日本イラストレーション(JILLA)協会 監事
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(2010年度から)

連載バックナンバー