ドライバーを支援する最新システム

ASVとは

ASV(先進安全自動車)とは、先進技術を利用して
ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、
安全を支援するシステムを搭載した自動車です。
各メーカーによって、これらの技術が実用化されています。
そして、その技術は今後さらに進歩することが見込まれます。

※認知とは対象物を見て、何であるか認識すること。

ASV(先進安全自動車)の基本的な考え方

各機能紹介

1 衝突被害軽減ブレーキ

車両相互事故で最も多い形態が追突事故です。

衝突被害軽減ブレーキは、追突事故の被害を軽減または回避することを目的とした先進安全装備です。
衝突被害軽減ブレーキは、車の前部に取り付けられたセンサーが前方の車や障害物を検知し、
衝突の危険が高まると一次警報としてドライバーに音や警告灯で回避行動を促します。
このときドライバーが回避行動を行わない場合、二次警報とともにドライバーに代わり自動ブレーキを作動させます。

動画をダウンロードする

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。
・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

2 車間距離制御装置(ACC)

長距離を走行する場合、前の車との間隔を自動的に維持して走行することには様々なメリットがあります。

車間距離制御装置は、車の前部に取り付けられたセンサーが前の車を認識し、
システムがアクセル操作とブレーキ操作を行なうことで車間距離を一定に保ち、
「ドライバーの疲労軽減」および「安全車間の確保」、
「サグ部分での減速を防ぐことによる渋滞緩和」に貢献します。

※サグ部分とは道路が下り坂から上り坂に変わる部分

動画をダウンロードする

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。
・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

3 車線逸脱警報装置

自動車を運転中、スイッチ類の操作などで無意識のうちにハンドルが動いてしまうことがあります。

車線逸脱警報装置は、ドライバーが無意識のうちに車線をはみ出しそうになったとき、ドライバーに警告し、
正しい位置に戻ることを促すことによって安全運転を支援します。
車の前部に取り付けられた光学式カメラセンサーは、道路上の白線(黄線)を認識します。
車線をはみ出しそうになると、音や警告灯などによってドライバーに知らせます。

動画をダウンロードする

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。
・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

4 リアビークルモニタリングシステム

自動車にはミラーでは見えない死角が左右の斜め後ろに存在します。

リアビーグルモニタリングシステム(後側方接近車両注意喚起装置)は、この死角に他の車がいることをドライバーに知らせ、
目視の不足によって発生する事故を防ぐことを目的としています。
センサーは車の後部側方に取り付けられており、ドライバーの死角になる斜め後方の車を検知します。
ドライバーがこの車に気付かず車線を変更しようとしたとき、インジケーター表示や警報ブザーでドライバーに危険を知らせます。

動画をダウンロードする

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。
・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

5 自動切替型前照灯

夜間の走行はハイビームが基本です。

自動切替型前照灯は、ロービームからハイビームへの切り替え忘れを防ぎ、ドライバーの前方視界の確保をアシストします。
車の前部に取り付けられた光学式カメラセンサーによって、周囲の明るさを認識し、
ハイビームとロービームを状況に応じて自動で切替える先進安全装置です。
走行中、ハイビームを使用は、歩行者や障害物の早期発見につながり、夜間の事故防止に効果があります。
また、ハイビームで走行中、前走車や対向車の存在を光学式カメラセンサーが認識した場合は、自動的にロービームへと切替え、眩惑を防止します。

動画をダウンロードする

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。
・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。