Choose ESC! ESC(横滑り防止装置)を選ぼう

FIA基金および世界の自動車クラブが提唱する「Choose ESC!」(チューズ・イーエスシー:ESCの付いたくるまを選ぼう)キャンペーンに対し、JAFも交通事故被害低減の観点から普及啓発の活動を開始しています。
ESCの特性と効果を知って、交通事故防止に役立てましょう!

CHOOSE ESC! www.chooseESC.com

エレクトロニック・スタビティ・コントロール、略称:ESCとは

パンフレットダウンロード
走行中に車両の横滑りを感知すると、自動的に車両の進行方向を保つように、必要な車輪にきめ細かくブレーキをかけて車両を制御する装置です。
詳しくは、パンフレットpdf(1.32MB)をご覧ください。 自動車メーカーや車種ごとに異なるESCの呼称、全てESCのなかまです。 ESCの構造

ESCの装備義務化

2010年12月、今後生産される新車についてESCの備え付け義務化が決まりました。内容は次の通りです(ESCは非装着車への後付けはできません)。

【適用範囲】

専ら乗用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する自動車、最高速度25q/h以下の自動車並びに被牽引自動車を除く)に備える制動装置に適用されます。

【改正概要】

現在任意装置となっている横滑り防止装置(ESC)及びブレーキアシストシステム(BAS)を備え付けることを自動車メーカーに対し義務化しています。

【適用次期】

新型生産車: 2012年10月1日(軽自動車にあっては2014年10月1日)以降に新たに型式の指定を受ける自動車
継続生産車: 2014年10月1日(軽自動車にあっては2018年2月24日)以降に製作される自動車

普及啓発のための主な活動内容

(1)Choose ESC!キャンペーン記者説明会の開催

2009年7月15日 日本自動車会館(港区芝大門)

(2)ESC体験試乗会の開催

日程 2012年スケジュール
・第1回 北海道会場 7月14日(土)  新千歳モーターランド 
・第2回 大阪府会場 10月25日(木) 舞洲スポーツアイランド
※詳細は、JAF Mate誌(60頁)またはホームページでご確認ください。
共催 ボッシュ株式会社
コンティネンタル・オートモーティブ株式会社
株式会社アドヴィックス
後援 国土交通省
一般社団法人日本自動車工業会
財団法人全日本交通安全協会
募集 各会場20〜30名
※内容は会場により異なります。
体験試乗会の内容はJAFチャンネル「ESC体験試乗会」でご覧いただけます!
2010.8.28 熊本開催模様
写真:体験試乗会
←テストドライバーによる見本走行後に、各参加者が運転して、ESCの機能を体験しました!コースは低 μ ミュー 路面ですので、低速でもESCがないとすぐ滑ります・・・。
写真:体験試乗会
←こちらは、高速走行での車線変更!
テストドライバーの運転による同乗体験となります。コースは湿路面です。雨天時の高速道路走行を想定しています・・・。ESC機能がないと、大変なことに・・・。

2010.10.30静岡開催 悪天候のため中止となりました。

2010.12.11 栃木開催模様
写真:体験試乗会
←左:定常円低 μ ミュー 路走行を体験!
ESCがないとあっという間にコントロール不能に・・。

←右:高速走行での車線変更!
写真:体験試乗会
←こちらは「ESCのもうひとつの威力」、登り坂でのトラクションコントロールシステム(TCS)機能の体験!
かなりの急勾配、TCS機能がないと、登れません・・・。

(3)セーフティトレーニングの開催(ESCコース、ASVコースで体験可)

日程 JAF Mate誌またはホームページでご確認ください。
共催 一般社団法人日本自動車工業会 財団法人全日本交通安全協会
後援 警察庁
募集 各会場20〜30名
※会場によりコース、体験車両は異なります。詳細はこちら
※開催情報はイベント情報をご覧ください。
セーフティトレーニング

諸外国の活動 〜海外でもESCの普及啓発がすすめられています〜

2007年 5月8日 イタリア 2008年 7月1日 ベルギー 2009年 4月16日 中国

このページのトップへ