JAFみんなのエコ川柳

第12回 入賞作品決定!第12回「JAFみんなのエコ川柳」には、エコにまつわる川柳が20,585作品が寄せられました。また、学校団体賞にも、小・中・高等学校合わせて138校に参加いただきました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。川柳作家のやすみりえさんを委員長として、エッセイストの三好礼子さんをはじめとする6名の委員で選考を行い、入賞作品8句と入選作品50句、学校団体賞3校を決定しました。/応募期間:2017年10月1日〜2018年1月15日/応募作品:20,585点 入賞・入選作品 58点 学校団体賞3校/主催:一般社団法人日本自動車連盟(JAF)

ECO大賞/再利用 出来た自分に 丸を付け/長野県 山浦よし子さん

「ECO大賞」へのやすみりえさんのコメント

エコ活動をした自分自身をほめる、うれしい気持ちを素直に表現していて、共感できる一句です。子ども部門では、「ほめられた」などの切り口でエコに参加したことのうれしさを表現する句はとても多いですが、大人でもやっぱり、一つ何かができたら自分に「よくやったな」と丸を付けたいもの。エコは嫌々だと続きません。エコを日々続けていきたいという思いがこの句には込められていて、好感が持てました。

審査委員長:やすみりえ氏

ECOティーン大賞 スマホより 私を見てと 泣く地球/岩手県 佐々木 優花さん

私たちは今、どうしても、スマホという手元の小さな画面からものを見がちです。でもこの句の作者は、そこから顔を上げて、もっと大きなものを眺め、何かを感じ取ることのほうが大事なのではないかと思っている。現代社会の風景から感じたことを、地球という大きなものと組み合わせて伝えてくれている、とてもメッセージ性のある句です。

ECOキッズ大賞 お父さん テレビかスマホ オフにして/福岡県 やまさき りゅうせいさん

家庭内の様子が見えてくる一句です。テレビかスマホのどちらかをオフにして、というところに、子供ならではのやさしい気遣いが感じられておもしろかったです。話しかけるような言い回しにも、子供らしい雰囲気がありました。

審査のようす

審査員紹介

やすみりえ氏

顔写真

神戸市出身。恋を詠んだ作品が幅広い世代から人気を得るほか、講師として全国各地の小・中学生を対象に17音で言葉を紡ぐ魅力を伝える活動も。各メディアの川柳コーナーや企業や市町村の公募川柳の監修・選者も多数務 める。文化審議会委員。

三好 礼子氏

顔写真

東京都出身。山羊チーズ作りと農ある小さな暮らしを夢見て、長野県松本市の山間の集落に移住し、エッセイの著述《書く!》、講演や体験取材レポート《喋る!》、楽しむ農《育てる!》、ラリーやトレイルランニングやマラソン《駆ける!》、などで活動中。自然回帰型生活びと・エッセイスト・農民・元国際ラリースト・「ペレファ農場」代表。

ドライブECO賞/いつ鳴こう セミもためらう 温暖化/神奈川県 梅山 すみ江さん

セーフティECO賞/AIに 勝る私の エコ運転/岩手県 中村 英利さん

スマートECO賞/肩書きを なくした父に エコ部長/新潟県 板垣 光行さん

ECOティーン賞/風と鈴 子供の声が 窓抜ける/岩手県 畠山 宙斗さん

ECOキッズ賞/穴を縫う 母の手元に 日があたる/埼玉県 瀬戸 俊介さん

入賞賞品

ドライブECO賞/羽根なし扇風機

セーフティECO賞/ドライブレコーダー「ドラドラ6」

スマートECO賞 GPS付き発話型 ETC2.0車載器(FNK-M100) (※2) 賞品協力:古野電気(株)

ECOティーン賞 中高生対象 ECOキッズ賞 小学生以下対象/図書カード(10,000円分)

学校団体賞 小・中・高等各1点/ 図書カード(15,000円分)

入選/アサヒ 十六茶 PET600ml(増量ボトル)1ケース 24本入り賞品協力:アサヒ飲料(株)

  • (※1)モデルが変更する場合がございます事をご了承ください。通信会社との契約、セットアップは個人で行うことになります。
  • (※2)セットアップ・取付作業は個人で行うことになります。
  • (※3)・学校団体賞は学校・クラス単位の郵送応募かつ応募作品数が50句以上の学校に限ります。
  • ・小・中・高等学校ごとに、ご応募いただいた作品の審査点数合計が最も高い学校が団体賞となります。学校団体賞および団体応募での賞品、賞状のお届け先は学校とさせていただきます。
  • ・賞品等をお届けする都合上、日本の住所に限らせていただきます。
  • ◆各賞品の画像はイメージです。

第12回 入選作品

子ども部門

お母さん このゴミこの後 どうなるの

岐阜県 須原 みづはさん

エコは何? 調べる事が 出発点

愛知県 鈴木 耀さん

おひさまの 光ですごす 日曜日

山口県 上田 晴子さん

きゅうしょくは モリモリ食べて のこさない

東京都 岩佐 美緒さん

考えよう エコってなんだ 真心だ

茨城県 鈴木 はるかさん

ごみばこの 中にもしげん みーつけた

群馬県 眞下 琴羽さん

節電し 親がいつでも 笑ってる

群馬県 山田 紗弥子さん

「バイバイ」と 使える物が 家出てく

山口県 村田 清嵩さん

ソーラーの あかりがともる 夜の庭

富山県 柳清 柊太さん

リサイクル 魔法使いの 得意技

埼玉県 西澤 聖一郎さん

中高生部門

朝型で 増える知識と 減る電気

千葉県 垣屋 澄佳さん

エコカーで 地球の気持ち 忖度す

富山県 開澤 奈桜さん

シロクマよ 俺が居場所を 守ったる

岩手県 山本 雄太さん

地球をね スイカみたいに 冷やしたい

岩手県 坂本 有佑実さん

似合うでしょ この服実(じつ)は PETなの

岡山県 岩本 磨耶さん

君と僕 灯すあかりは LED

京都府 池田 弘音さん

つかれたな 電気もきっと 思ってる

東京都 永島 萌香さん

ゴミアート いいねをもらい また作る

熊本県 小竹 智大さん

さずけよう 我の思い出 妹よ

愛知県 廣瀬 こころさん

エコ意識 高いあなたを まねします

福岡県 熄シ 香里さん

冬将軍 無視する僕は エコ将軍

福岡県 堀越 光さん

スーパーで ビニールの音 減ったかも

長崎県 松尾 光生さん

湯たんぽを 抱えて眠る オリオン座

愛知県 加藤 早織さん

温暖化 アイスと僕が とけてゆく

東京都 丸井 健叶さん

3R(さんアール) できればきっと いいガール

長野県 宮坂 絢音さん

リサイクル 国がキレイに なる魔法

北海道 中塚 音乃さん

雪の夜 僕はもこもこ 服だるま

佐賀県 坂本 羽咲妃さん

お日様の 輝く笑顔 発電中

岩手県 中嶋 紅羽さん

デートでは ビル明かりより 星を見ろ

東京都 関山 稜さん

姉が着た 制服を着て 十二年

熊本県 熨コ 菫さん

大人部門

背伸びして 明かり消す子を インスタに

愛知県 松永 智文さん

スピードも ゴミも出さない いい男

東京都 中村 有史さん

要不要 母の眼鏡に くもりなし

愛知県 佐藤 千恵子さん

右足が 覚えた速度 エコランプ

愛知県 八木 絵里さん

エコカーに 買い替え増えた 家族旅

奈良県 宮村 泰子さん

美味しくて 空気おかわり 散歩道

群馬県 森田 将志さん

終活を はじめる部屋に LED

大阪府 清岡 千恵子さん

アクセルも 頬も緩めて 走る道

東京都 酒井 具視さん

適当な ゴミの分別 見るカラス

宮城県 新村 ルミ子さん

この服に 合うかな今日の エコバッグ

大分県 重松 裕治さん

ゴミに出す ことまで想い 品定め

福島県 堀 卓さん

残り物 スマホで探す エコ料理

福島県 橋本 耕一さん

計らずも つましい暮らし エコになる

秋田県 小松 紀子さん

思い出も パッチワークの ひざ掛けに

東京都 清水 春美さん

ウォームビズ 妻の姿は 雪ダルマ

福島県 菅野 八恵子さん

絵日記に 青と緑の エコタウン

東京都 梶浦 公靖さん

朝つゆの 後を拭き上げ エコ洗車

鹿児島県 川井田 真由美さん

それいいね おさがりを待つ 末娘

群馬県 中山 隆二さん

二刀流 マイバッグも持ち マイカゴも

大阪県 石山 晶子さん

傷ついた 地球に緑の 絆創膏

愛知県 加藤 紋美さん

学校団体賞

  • 愛知県知立市立知立西小学校
  • 東京都文京区立第九中学校
  • 岩手県立盛岡北高等学校
このページのトップへ