ジュニアシートはもう要らない?

大きなダメージを受けるほど、濃いピンク色になる「圧力感知紙」。ジュニアシートを使用していないとシートベルトの跡は色濃く残った(右写真)。

ジュニアシートは、車のシートベルトが身体の正しい位置を通るよう、足りない 身長を補うもの。ジュニアシートを正しく使っていれば、シートベルトは硬い鎖骨と肋骨、腰骨を支えてくれるので、お腹や首にダメージを与えません。

このページのトップへ