はじめてのチャイルドシートクィックガイド

だいぶ大きくなりました 幼児用チャイルドシート 前向きに取り付け1〜4歳くらい 体重10〜18kgくらい

※ここでは、多くのチャイルドシートに共通の取り付けポイントを、タイプごとに紹介しています。製品ごとの取り付け方は、製品付属の取扱説明書をご覧になるか、JAFの主催するチャイルドシート・チェックアップイベント(無料)にお越しください。
表情が豊かになり、伝い歩きをするようになるころ、そろそろ乳児用のチャイルドシート卒業です。乳児専用チャイルドシートを使っていた方は、幼児用チャイルドシートか幼児・学童兼用チャイルドシートの準備をしてくださいね。
乳児・幼児用チャイルドシートや、乳児・幼児・学童用チャイルドシートを使っていた人は、チャイルドシートを前向きに取り付けし直す時期。取扱説明書を見直しましょう。ここでは、チャイルドシートを前向きに取り付けるポイントを確認しましょう。
しっかり取り付けましょう
車のシートベルトを使って、チャイルドシート本体をしっかりと固定します。取り付けるときは、体重をかけ、車の座面にチャイルドシートを沈み込ませて、シートベルトで締め付けます。
チェック1 腰ベルト
シートベルトの腰ベルトが、たるんでいないことを確かめます。写真のように、腰ベルト部分の張りを確認しましょう。つまめるほど緩んでいると、ちょっと強めのブレーキを踏んだだけでもチャイルドシートがぐらついてしまい、乗っている子どもが危険にさらされます。

子どもを座らせましょう
チャイルドシートに子どもを座らせましょう。正しく座らせるのは大人の責任です。
子どもを乗せるときは、いったん車内の床に子どもを立たせてからチャイルドシートに座らせると、子どもの頭をドアや天井にぶつけてしまうこともありません。
チェック1 ハーネスの締め付け具合
ハーネス(※)が緩いと、子どもが飛び出して危険です。調節用ベルトを引っ張り、ハーネスを適度に締め付けます。大人の指が滑り込む程度が締め付けの目安です。

※ハーネス
チャイルドシートの子ども用ベルトのこと

厚着をしたまま座らせると、ハーネスからすり抜けやすくなります。可能なら、上着を脱いでから座らせましょう。
チェック2 ハーネスの肩の高さ
ハーネススロット(通し穴)が、子どもの肩の高さより低くなっていませんか? 幼児用前向きチャイルドシートでは、子どもの肩より高い通し穴からハーネスが出ているようにしましょう。
いつも気にかけてあげましょう
ポイント1
前向きチャイルドシートは、いったん車に取り付ければ、取り外さなくてもそのまま使い続けることができます。だからといって、いつもしっかり取り付けられた状態とは限りません。たまには、シートベルトの腰ベルトを触ってみて、緩んできていないか調べましょう。
ポイント2
子どもの成長はあっという間。乗せ降ろしの時には、ハーネスがきつくなっていないかも気にかけてあげたいですね。子どもをきちんと座らせたときに、ハーネスは子どもの肩より高い位置から引き出されているか、確認しましょう。もし低かったら、高さを変えてあげると同時に、シートカバーの洗濯もしてあげるといいですね。
ポイント3
大きな子だと、3歳を過ぎたくらいから、チャイルドシートが体格に合わなくなってくることも。体重は18kg以下かどうか、シェル(チャイルドシート外まわりの固い構造体)から著しく頭が飛び出していないかにも気を配り、早めに次のチャイルドシートの準備をしましょう。

このページのトップへ