はじめてのチャイルドシートクィックガイド

チャイルドシートを使わないと、こんなに危険

乳児用チャイルドシートを使わないと・・・

乳児用チャイルドシートの使い方が間違っていたらどうなるのか。写真のチャイルドシートは、背もたれ角度が45度より寝ている状態で、しかも、赤ちゃんダミー(体重9kg)はハーネスをしていません。この状態で衝突と同じ衝撃を与えると、赤ちゃんダミーはチャイルドシートからするりと抜けて放り出されてしまいました。実際の車なら、車内の天井や座席などに、赤ちゃんが叩きつけられることを意味します。


幼児用チャイルドシートを使わないと・・・

チャイルドシートの使用率が減少する1〜4歳児。乳児に比べて身体のつくりもしっかりしてきて、パパ・ママも安心してしまうのかも知れません。しかし、急ブレーキの時でさえ、子どもは座席に座り続けられません。時速40kmで急ブレーキをかけると、子どものダミー(体重15kg)は前席背もたれに頭部をぶつけ、座席の下に転げ落ちてしまいました。


学童用チャイルドシートを使わないと・・・
チャイルドシートの使用率が激減する5歳児。親の勝手な判断で、一足早くチャイルドシートを「卒業」してしまうのでしょう。しかし、シートベルトという安全装置で守られていない危険を知るべきです。写真は、後部座席中央で、チャイルドシートを使わずにそのまま座った状態で急ブレーキをかけたときの様子です。子どものダミーは、運転席と助手席の間に転げ落ちました。
実際に、このような経験をしたことのあるJAF会員から、「急ブレーキ時に後部座席中央にいた子どもがシフトレバーまで飛んできて右目を強打。ものすごくはれ、失明するところだった」という体験も報告されています。

このページのトップへ