ご案内

「これからの安全運転支援」に関するアンケート結果

交通事故をへらすため、さまざまな試みがなされています。自動車のドライバーに、見えなかったり見えにくかったりする危険情報を、道路に設置したセンサーや無線通信を使って知らせ、いちはやく対処できるようにしようとする「インフラ協調安全システム」もそうした試みの一つで、現在実用化に向けて実験や模索が重ねられています。

こうした技術を、どのようにしたら多くのドライバーに受け容れられ広めることができるか、どのような仕掛けを作って欲しいかを、H19年秋にインターネットアンケートでおたずねしました。その結果を掲載いたします。(なお分析にあたっては、NPO法人ITS Japan 内 J-Safety委員会 普及促進分科会 のご協力を得ました。)

「これからの安全運転支援」に関するアンケート結果

ITS-Safety2010
このページのトップへ