ASVに関するドライバーの意識(2005年2月)

ダウンロードはこちら
(PDF1,060KB)

1. 調査目的及び内容
  1. 調査目的
  2. 調査の内容
2. 調査方法と対象者の属性
  1. 調査方法
  2. 回答者数および回収率
  3. 対象者の属性
    1. a)性別
    2. b)年齢
    3. c)職業
    4. d)運転歴
    5. e)運転頻度
    6. f)運転時間
    7. g)自動車の使用目的
    8. h)高速道路の利用頻度
    9. I)排気量
    10. J)車種
3. 調査結果 要約
  1. 危険場面状況の遭遇度と発生度
  2. ASV装置システムの有効度と希望度
  3. 危険体験の頻度と希望する装置システムの関連
  4. 機能別の有効度と希望度
  5. 情報提供および警告の方法に関するニーズ
4. 項目別集計結果
  1. 危険場面状況の遭遇度および発生度
    1. a)質問内容
    2. b)遭遇度
    3. c)発生度
  2. ASV装置システムの有効度および希望度
    1. a)質問内容
    2. b)有効度
    3. c)希望度
    4. d)情報提供警告の方法
    5. e)クルーズコントロールの装備
5. 考察
  1. 危険場面状況の遭遇度と発生度の関連
  2. ASV装置システムの有効度と希望度の関連
  3. ASV装置システムの機能別の有効度および希望度
  4. 危険体験の頻度と希望する装置システムの関連
  5. 情報提供および警告における方法の選択
  6. 属性別の分析
    1. a)危険遭遇度および発生度と回答者の年齢との関連
    2. b)ASV装置システムの有効性評価と回答者の属性との関連
6. 自由記入意見の集計結果
  1. 危険場面状況についての意見
  2. 事故防止のための装置システムについての意見
7. まとめ
8. 参考資料
I. 2002年JAFアンケート調査(ASVに関するユーザー意識) 要約
II. 2004年JAFアンケート調査「ASVに関するドライバーの意識」質問紙
このページのトップへ