交通安全とエコ

ユーザーテスト

JAFユーザーテスト

 水没/豪雨/濃霧

水没集中豪雨が各地で頻繁に発生し、冠水によって車両が立ち往生したり、ドアも窓も開かず車内に閉じ込められる被害が起きています。水没車両からの脱出方法や冠水路走行の危険性を検証したテストを紹介します。
また、豪雨や濃霧の時にドライバーから前方の車や歩行者がどのように見えるのか、その視認性を検証したテストを紹介します。
詳細を見る

 車内温度/紫外線

車内温度 春夏秋冬の「車内温度」のテストと、紫外線のカット率が異なる「車のガラス」のテストを紹介します。
真夏は短時間で車内温度が上昇し、熱中症の危険性が高まります。春と秋も注意が必要です。高温になった車内温度を早く下げる方法も紹介します。冬には車内温度がどれほど下がり、寒さをしのぐための対策を紹介します。
また、日差しが強くなる時期に気がかりとなる車内での日焼け。
車のガラスの種類別に紫外線強度を検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 強風時のドア開け

強風時のドア開け 突風や台風による強風を送風機で再現し、ドアを手で押さえられるか、また駐車している隣の車にドアがぶつかってどの程度傷つくかを検証し、その危険性を紹介します。 詳細を見る

 自動車衝突(後席シートベルト非着用時の危険性)

後席シートベルト非着用時の危険性 後席でのシートベルト着用は2008年に義務化されていますが、後席の着用率は低い状況です。
後席シートベルト着用と非着用を55km/hのフルラップ前面衝突試験で比較検証し、シートベルト非着用時の危険性を紹介します。 詳細を見る

 災害時に車からの電源供給

災害時に車からの電源供給 災害時の電源供給で注目されている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)。
家電がどの程度使えるのか?ハイブリッド車(HV)や一般的な車と検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 タイヤ

磨耗タイヤの危険性 制動距離がタイヤの摩耗状態や種類、路面状況で どう変化するのか?
また、ノーマルタイヤ等タイヤの種類によって雪道の坂道は上れるのか、カーブではどう挙動するのか?空気圧低下は見た目や運転で判断できるのか?バースト時の車の挙動はどうなるのか?様々なタイヤテストを紹介します。 詳細を見る

 ながらスマホ

歩行中の「ながらスマホ」 スマートフォンが急速に普及している中、自動車を運転中、または歩行中や自転車乗車中のスマホ操作(いわゆる「ながらスマホ」)による事故やトラブルが社会的に問題視されています。
その危険性を検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 ハイビーム/ロービーム

ハイビーム/ロービーム 夜間走行時に、対向車や先行車等がいない場合でもロービームで走行する車が多い。
高速走行を想定し、ライトの向きによる視認性を検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 車内の一酸化炭素中毒

車が雪で埋まった場合、CO中毒に注意! 吹雪による停車時やスキー場での仮眠時に危険なのが「車内のCO中毒」です。その危険性と対策を検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 車両凍結

寒冷地での駐車時は窓やドアの凍結に注意! 寒冷地等では氷点下まで冷え込むことが多くなり、特に夜から朝まで長時間駐車した際、フロントガラスやドアが凍結することがあります。
そこで、フロントガラスの凍結防止対策と凍結時の解氷方法、さらにドアの凍結を検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 ACC(車間距離制御装置)

車内温度 前車との車間や速度を自動で保つACCを使用することでドライバーの負担軽減や燃費向上の効果はどのくらいあるのか?
高速道路を運転して検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 自転車

自転車の傘差し運転 自転車同士の出会い頭衝突や停止時の転倒などで致命傷になるのか?
自転車に多くの荷物を載せたり、傘を差した状態の片手運転はどのような危険があるのか?
また、雨具を着て自転車に乗ると、どのような危険があるのか?
それらの危険性について検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 パワーウインドーの挟み込み

パワーウインドー パワーウインドーの誤操作等で指や首を挟まれる事故が発生しています。パワーウインドーが閉まる力の大きさと、装着車種が増えている「挟み込み防止装置」の有効性を紹介します。 詳細を見る

 停止表示器材

停止表示器材 故障等で高速道路上に停止する場合は、車両の後方に停止表示器材を置くことが義務付けられています。ここでは、夜間の停止表示板の効果を検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 ドライアイ

ドライアイ 運転中は、ふだんと異なった環境が身体に影響を及ぼすことがあります。ここでは、運転中の"ドライアイ"と視力低下などの可能性について検証したテストを紹介します。 詳細を見る

 チャイルドシート

チャイルドシート 6歳未満の子どもには、チャイルドシートの使用が義務付けられています。ここでは、チャイルドシートの不使用や誤使用の危険性を検証した2つのテストを紹介します。 詳細を見る
このページのトップへ