交通安全とエコ

ユーザーテスト

JAFユーザーテスト

自転車乗車中の「ながらスマホ」

テスト実施日・諸条件

実施日 2014年12月19日
テスト場所 茨城県つくば市「つくば自動車学校」
テスト背景 スマートフォン(以下、スマホ)が急速に普及している中、自転車乗車中のスマホ操作(いわゆる「ながらスマホ」)による事故やトラブルが社会的に問題視されている。
そこで、自転車乗車中のスマホ操作の影響をテストし、その危険性を検証した。
テスト内容

自転車テスト

モニター※1 にアイマークレコーダー(視線計測装置)※2 を装着し、特設コース内(640m)を自転車で走行する際の視線の違いや特徴を、スマホの有無別で比較検証した。
※1 モニターは、20代〜30代の男女4名
※2 アイマークレコーダー(視線計測装置)とはカメラで眼球を捉え、見ている部分を可視化する装置

アイマークレコーダー装着イメージ

アイマークレコーダー映像イメージ


本テストは、FIA 交通安全支援プログラム(FIA RSGP)の資金提供及び愛知工科大学工学部 小塚 一宏 教授監修のもと実施した。

テスト結果

モニターA(20代男性)

赤信号を見落とし通過した

スマホあり

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:4分06秒

  • スマホ画面に視線が集中し、赤信号を見落とし通過した
スマホなし

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:3分07秒

  • マネキンの位置や人の動きをしっかり確認できていた
  • 信号を確認し、交差点手前で停止した
モニターB(30代男性)

子どもマネキンに衝突した

スマホあり

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:4分40秒

  • 運転操作が大変不安定になり、子どもマネキンに衝突した
スマホなし

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:3分19秒

  • ふらつきが少なく、運転操作は安定していた
  • 信号を常に確認し、交差点手前で停止した
モニターC(30代女性)

人の飛び出しで衝突しそうになった

スマホあり

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:3分39秒

  • 人の飛び出しで衝突しそうになり、運転操作が不安定になった
スマホなし

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:2分57秒

  • マネキンの位置や人の動きをしっかり確認できていた
  • 信号を確認し、交差点手前で停止した
モニターD(20代女性)

赤信号を見落とし通過した

スマホあり

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:3分41秒

  • スマホ画面に視線が集中し、赤信号を見落とし通過した
スマホなし

*画像中の緑色の線はモニターの視線軌跡

走行時間:2分59秒

  • マネキンの位置や人の動きをしっかり確認できていた
  • 信号を確認し、交差点手前で停止した

まとめ

  • 自転車乗車中の「ながらスマホ」は、文字や動画を見ることに集中してしまい、ふらついたり歩行者などに衝突する危険性や加害性が高くなる。
  • 前方や左右に視線が配られないうえ、子どもの存在や信号を見落とす恐れがある。
  • ドライバーも、「ながらスマホ」の自転車を見かけたら、その動きに十分注意する必要がある。
「ながらスマホ」は周辺の認識が難しくなり、事故につながる大変危険な行為なのでやめましょう。

参考動画:自転車乗車中の「ながらスマホ」の危険

このページのトップへ