エコ&セーフティ

ユーザーテスト

JAFユーザーテスト

冠水路走行テスト

テスト条件

実 施 日 平成22年 4月 8日(木)
検証内容 冠水路走行の問題点を検証するテスト。 集中豪雨などでアンダーパスが冠水した場合を想定し、車両が冠水路を走りきれるかを検証。

アンダーパスが冠水した場合を想定し、前後にスロープを設けたコースを造った。水平部分は30m。

冠水路のコース図
試験車両(セダンタイプ) トヨタ・マークU(2,000cc)
冠水路水深:60cm
走行速度:10km/h
試験車両(SUVタイプ) 日産・エクストレイル(2,000cc)
冠水路水深:60cm
走行速度:30km/h

テスト結果

水深 車種 速度 走行の可否
60
cm
セダン 10km/h ×
SUV 10km/h
セダン 30km/h
SUV 30km/h ×
水深 車種 速度 走行の可否
30
cm
セダン 10km/h
SUV 10km/h
セダン 30km/h
SUV 30km/h

セダンタイプ

水深30cm

速度30km/h
写真:セダンタイプ 水深30cm 速度30km/h
同じ30cmの水深でも、時速30kmでは、巻き上げる水の量が多くなり、エンジンルームに多量の水が入ることがわかった。

速度10km/h
写真:セダンタイプ 水深30cm 速度10km/h
時速10kmでは、フロントバンパーの上部に水が接する状態で、フロントグリル部分から直接水が入ることはなかった。

水深60cm


水深60cmではフロントガラスの下端まで水をかぶった。それでもすぐには止まらず、しばらく走ることはできたが、登りのスロープに差し掛かった31m地点でエンジンが止まった。

実験映像を見る

速度10km/h
写真:セダンタイプ 水深60cm 速度10km/h


SUVタイプ

水深30cm


水深30cmの場合は、時速10km、30kmとも走りきることができた。

速度10km/hおよび30km/h
写真:SUVタイプ 水深30cm 速度10km/hおよび30km/h

水深60cm

速度30km/h
写真:SUVタイプ 水深60cm 速度30km/h
時速30kmではエンジン下部からも大量の水が入り込み、わずか10mでエンジンが止まった。浸水時の衝撃も大きく、車体が一瞬浮き上がってハンドルが取られた。

実験映像を見る

速度10km/h
写真:SUVタイプ 水深60cm 速度10km/h
水深60cmの場合、セダンでは時速10kmでも走りきれなかったが、エンジン位置の高いSUVは走りきることができた。


ポイント

  • エンジンが停止した原因は、エアインテーク(空気の取り入れ口)を通してエンジン内部に水が入ったためと考えられる。


  • 同じ水深でも、速度が高くなると巻き上げる水の量が多くなり、エンジンに水が入りやすくなる。


  • 速度を落とせばある程度まで走行できる可能性はあるが、他の要因でエンジンが止まることもあるので、走りきれるとは限らない。


  • 実際の冠水路では水深も水の中の様子もわからないため、冠水路に遭遇したら安易に進入せず、迂回することを考えた方がよい。

写真:冠水路ポイント
このページのトップへ