交通安全とエコ

ユーザーテスト

JAFユーザーテスト

衝突被害軽減ブレーキ 豪雨で検証

テスト実施日・諸条件

実 施 日 2018年5月30日(水)
テスト場所 日本自動車研究所 特異環境試験場(茨城県つくば市)
テスト内容 豪雨時でも衝突被害軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)が適切に作動して、障害物との衝突を回避できるのかを検証した。
テスト条件:
@天候は、雨のない状況と雨量 80mm/h
※気象庁の用語では、雨量 80mm/h は「猛烈な雨」とされる。
A速度は、30km/h と 40km/h
テスト結果 ・雨が降っていない状況では、 30km/h と 40km/h のいずれの速度でも、障害物の手前で停止することができた。
・雨量 80mm/h の場合、 30km/h では停止できたが、 40km/h では障害物を一瞬検知したものの、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)が作動せず、障害物に衝突した。
※車種、検知システム、雨量、速度などによって結果は異なる。
衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)は、ドライバーのミスをカバーしたり、衝突時の被害を軽減するものですが、悪天候時は正常に作動しないこともあるので、機能を過信しないことが大切です。
参考動画:
衝突被害軽減ブレーキ 豪雨で検証
豪雨のとき、前方の車や歩行者はどう見える?
濃霧のとき、前方の車や歩行者はどう見える?
参考資料:
ASV(先進安全自動車)の紹介
このページのトップへ