交通安全とエコ

ユーザーテスト

JAFユーザーテスト

夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?

テスト実施日・諸条件

実施日 2016年6月7日(火)
テスト場所 彩湖・道満グリーンパーク駐車場(埼玉県戸田市)
テスト背景 主に春から夏にかけて、駐車後は車内が暑くしばらく車に乗れないことが多い。
そこで、高温になった車内温度を早く下げるにはどうしたら良いのかを検証した。
テスト内容 同じ車を5台用意し、車内温度 が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で温度低下に挑戦した。
計測器の温度センサーは運転席と助手席の中央、乗員の顔の高さに設置し、経過時間ごとの温度変化を測定した。
※5つの方法は下記とおり
車両条件

①ドア開閉

エアコンは使わず、助手席の窓だけを開け、運転席のドアを5回開閉して車内の熱気を逃し、温度変化を測定

②冷却スプレー

エアコンは使わず、冷却スプレーをシートに10秒ほど吹きかけ、3分間の温度変化を測定

③エアコン「外気導入」

窓は開けず、車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定

④エアコン「内気循環」

窓は開けず、車のエアコン(オート)を内気循環、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定

⑤エアコン+走行

窓を全開にし、 車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にして走行。2分後に窓を閉め、エアコンを内気循環にして3分間走行し、温度変化を測定

テスト結果

  • 結果は上記グラフの通りで、 エアコンを使わない「ドア開閉」は 47.5℃、「冷却スプレー」は3分後に50.1℃に低下した。
    エアコンを使用した3パターンのうち最も温度が下がったのは「エアコン(内気循環)」で10分後に27. 5℃、「エアコン(外気導入)は10分後に29.5℃、「エアコン+走行」で5分後に28.0℃まで低下した(55℃から半分近くまで温度が下がった)。
  • 以上のことから、「エアコン+走行」が最も早く車内温度を下げることができた。

Others

①車のボディに水をかけたら?

水やバケツ等の手配が難しく現実的ではないが、「車のボディに水をかける」方法も試した。
結果は、バケツ(8L)で3杯分の水をかけたが、車内温度は0.9℃しか下がらず、効果はなかった。

②車内で冷却スプレーを使ったら火気厳禁!

冷却スプレーの多くは可燃性のガスが使われているため、服などに残ったガスに引火する危険性がある。換気が不十分な車内で、使用後にタバコに火をつけようとしてやけどを負う事故も起きているので、注意したい。

まとめ

  • 「エアコン+走行」が最も早く温度を下げることができたので、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことが最も効率的な方法である。
  • 「エアコン+走行」は、 短時間で温度を大きく下げられるので、燃料の消費や排ガスも抑えられ、環境面でもメリットが多い。
  • 車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードなどに熱が蓄積していて、あまり温度が下がっていないことがあるので注意が必要である。
  • 高温になっているチャイルドシートの表面やベルトの金具で、子供がやけどを負う事例もあるので、子供を乗せる際などは十分に注意することが大切である。
このページのトップへ