JAFに入会

02 BIKE ワンポイント

02 BIKE ワンポイント

7 スロットルワークの3段階とは

1

アクセル操作の基本について。初心者やリターンライダーに限らず、アクセル操作が粗いとバイクの姿勢が乱れて乗りにくく、またライン取りも安定せず危険になることも。ここではスムーズかつ安全に走るためのスロットルグリップの握り方や、3段階でのスロットルワーク、コーナリングにおける具体的なアクセル操作について解説します。

CHECK POINT

遊びをとってじわっと開ける

アクセル操作における“ギクシャク感”や急に加速してしまう“ドンツキ“を減らすためには、次の3段階の操作を意識するといいでしょう。まずはスロットルを「閉じる」、続いてスロットルワイヤーの「遊びをとる」、そして「じわっと開ける」。また、コーナリング中のアクセル操作は基本的に一往復とすることで、よりスムーズな走りが実現できます。

動画で詳しく見る
動画で詳しく見る
駐車場を探すならココ!全国バイク駐車場案内
グッドマナー JAPAN RIDERS
このページのトップへ