JAFに入会

04 バイクの音を楽しむ「名車図鑑」

04 バイクの音を楽しむ「名車図鑑」

HONDA CBX1000

私とバイクのストーリー

「エンジンをかけて走り出した瞬間、思い切って買ってよかった、そう思いました」
身長180cmの体躯が、CBXの大きな車格によく似合っている。高校の頃からの憧れ、CBX1000。それを買ったのは2年前のことだった。滅多にないヨーロッパ仕様をインターネットで偶然見つけ、すぐに電話で問い合わせた。間違いなく、ずっと探していたヨーロッパ仕様。しかもエンジンをオーバーホールしてから納車するというので、鈴鹿まで取りにいくことにした。
「僕らの時代は中型免許が中心で、限定解除してからもまず750に乗るのが常識でした。 いきなりリッターバイクに乗るようなことはしなかった。それでもずっとヨーロッパ仕様のCBXは諦めきれずに探し続けていました。手元に届いた時は嬉しかったですね。反面、大きいので乗れるかと心配でした。思いのほか普通に乗れて安心しましたけどね」 
当時を振り返るかのようにそう語るオーナー。段階をきちんと踏んでいく彼の実直さはこんな場面にも表れる。
「オーバーホールしたばかりだったので、早くまわしたい気持ちをおさえて慎重に慣らし運転をしましたよ。4000回転を保ってね。乗ってみると6気筒のフィーリングに感動しっぱなしでした」
 ツーリングにはよく行く。近場では富士や千葉、遠くは飛騨高山まで走らせた。
「今乗っている人はほとんどマフラーを替えていると思うのですが、まわす時のエンジン音や吸気音が好きなので、あえて静かなノーマルマフラーのままでいるんです。排気音がうるさいと、一番聞きたいエンジンの音がよく聞こえないですからね」
 エンジンの吸気音が好き、そんなエピソードからはやっぱり彼の実直な人柄がにじみ出てくるのだった。

6気筒エンジンのフィーリング

2気筒、4気筒とは一線を画するという6気筒のエンジンフィーリング。初めて乗った時に「思い切って買ってよかったな」と思った。

ヨーロピアンスタイルのデザイン

サイドからテールにかけて流れるような、洗練されたヨーロピアンデザインが特にお気に入り。

ヨーロピアンスタイルのデザイン

サイドからテールにかけて流れるような、洗練されたヨーロピアンデザインが特にお気に入り。

GL用18インチのコムスターホイール

ホンダの看板技術のひとつであるコムスターホイール。CBX1000はこれが装着された代表的な車種なのだが、裏コムスターが好きなのでGL用の径の大きなものを探し出して交換したそう。

エンジン音を視聴する

まずは聴いてみる
まずは聴いてみる
ハイレゾ音源で聴いてみる(DOWNLOAD)
ハイレゾ音源で聴いてみる(DOWNLOAD)
ハイレゾとは
※ハイレゾ音源は、ハイレゾ専用プレーヤーで視聴してください。

HONDA CBX1000

  • エンジン形式:空冷4ストロークDOHC直列6気筒
  • 総排気量:1047㎠
  • 全長×全幅×全高:2220mm×885mm×1175mm
  • 車体重量:247kg
  • 最大出力:105ps
  • 最大トルク:8.6kg-m
駐車場を探すならココ!全国バイク駐車場案内
グッドマナー JAPAN RIDERS

ハイレゾとは、ハイレゾリューション(高解像度)のことです。ハイレゾは、CDでは入りきらなかった多くの情報量を持ち、レコーディング現場の空気感や、ライブの臨場感を体感することができます。

このページのトップへ