インターナショナルガイド

障がいのあるドライバーのためのFIAガイド

英国

  • 駐車スペース

障がい者駐車許可証所持者用スペースには車椅子のマークがある。

駐車スペースに人の名前や車のナンバーが書いてあれば駐車してはならない。

  • あなたの駐車許可証はどこで使えるか

英国駐車許可証(パーキングカード)所持者
大半のEU/EEA加盟国内と、その他世界中の何カ国かであなたの駐車許可証が使える。

あなたの駐車許可証が使えるかどうか訪問予定国の記載事項を読むこと。

英国への訪問者
英国は欧州運輸大臣会合(ECMT)加盟国とECMT関連国が発行した障がい者用駐車許可証(disabled parking badge)を承認する。(これにはEU加盟国がすべて含まれる。)関連国のリストは下記参照のこと。
http://www.bluebadgelondon.org.uk/faq.htm#12

パーキングディスク - 英国駐車許可証(パーキングカード)はパーキングディスク(Parking disk駐車時刻表示用ディスク)と共に使用するが、駐車許可証を提示する外国からの訪問者には、パーキングディスクなしに同様の優遇措置が与えられる。

掲示表(notice)
  • 路上駐車

ロンドン
セントラルロンドンであなたの駐車許可証は使えない。詳しくは下記参照のこと。
http://www.bluebadgelondon.org.uk/index.htm

ロンドンのその他の地区であなたの駐車許可証が使える。

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド
交通妨害、危険を引き起こさない限りに於いて、道路の駐車禁止区間に下記の条件で駐車できる。

  • イングランド及びウェールズでは3時間まで
  • スコットランド及び北アイルランドでは、現地規制がない限り時間無制限で。現地で確認のこと。
  • この優遇措置は「乗降禁止」の表示がある場所には適用されない。

現地の優遇措置が特別に許可する場合を除き歩行者ゾーンに入ったり、そこに駐車したりしないこと。- 交通標識をチェックするか現地で確認のこと。

標識が別に指定しない限り、駐車料金が課せられる区間に無料、時間無制限で駐車することができる。- 交通標識をチェックするか現地で確認のこと。

標識が別に指定しない限り、無料の時間制限駐車区間に時間無制限で駐車することができる。- 交通標識をチェックするか現地で確認のこと。

  • 駐車場内での駐車

駐車場により、駐車許可証提示車両は無料で駐車できる場合もある。駐車場案内をチェックするか管理人に確認のこと。

©FIA 2011. All rights reserved.
このページのトップへ