万が一 見ることができたら幸運! 日本の超自然現象

写真:だるま太陽/だるまたいよう高知県の室戸岬から望む見事なだるま太陽(夕日)です。
撮影:島巻 繁

だるま太陽

だるまたいよう

海上からあがる太陽、海上に沈む太陽の海に隠れた部分がΩ状に広がって見える現象です。太平洋に突き出した地形の高知県室戸岬では、だるま朝日とだるま夕日、朝夕のだるま太陽が見える場所として知られています。

なぜ生まれる?

冬に見えることが多いことから、海面付近の暖かい空気と、上空の冷たい空気の層が海上に生まれ、下に末広がりに物が延びたように見える下位蜃気楼ができるのだろうと考えられています。ほかに大気の屈折で生じるという説を唱える専門家もいます。

写真:だるま太陽/だるまたいよう室戸岬からはだるま太陽の形をした朝日が見えることもあります。
撮影:島巻 繁

言い伝え

「だるま大師」とも呼ばれた弘法大師が悟りを得たとされるのが室戸岬です。このことからだるま太陽は、縁起が良い現象とされています。地元ではだるまSUN(さん)とも呼び、親しんでいます。

観光情報

場所室戸岬をピークとする東西海岸線からだるま朝日、だるま夕日が見えます。室戸岬ではだるま朝日は室戸市観光協会付近の海岸(無料展望台あり)、だるま夕日は室戸岬新港がお勧めです。
アクセス
  • 室戸岬(室戸市観光協会)へのアクセス:高知東部自動車道・芸西西ICから国道55号を利用して約56km(約85分)
  • 室戸岬新港へのアクセス:高知東部自動車道・芸西西ICから国道55号を利用して約54km(約80分)
駐車場
  • 室戸市観光協会付近:28台/無料
  • 室戸岬新港付近:なし
時期・時間9月後半から3月中旬に出現します。だだし出現する頻度は多くなく1月に1〜2回とされています。またほんの10秒から長くて1分のため、地元の人ですらなかなか見ることができない貴重な現象とされています。
お問合せ先
  • 室戸市観光協会 ☎ 0887-22-0574
関連リンク

観光スポット/ドライブコース一覧