万が一 見ることができたら幸運! 日本の超自然現象

写真:波の花/なみのはな風にのって高く舞う波の花もあります。
撮影:渡辺 一夫

波の花

なみのはな

冬の季節風が強く打ち付ける日本海の海岸線で見られる現象です。強い風で波が海岸に打ち付けられるにつれて、泡立ち、その一部は風に乗って舞い立ちます。

なぜ生まれる?

海中にただよう植物性プランクトンに含まれる粘液が海の波にもまれて、石鹸状の泡となるとされています。海が汚れるとこの波の花は生まれません。時間がたつにつれて、色は白から黄色に変色していきます。

写真:波の花/なみのはな輪島市の曽々木海岸の窓岩で撮られた波の花です。
写真:波の花/なみのはな輪島市の曽々木海岸の景勝地、垂水の滝を望みます。
写真:波の花/なみのはな輪島市の垂水の滝がある海岸線の波の花の様子です。

アドバイス

冬の波は時に高波となることもあり注意が必要です。波の花は触るとぬるぬるしています。薄い色の服に付くと黄色いシミになることもあるので、注意しましょう。

写真:波の花/なみのはな佐渡市の長手岬の波の花です。
写真:波の花/なみのはな佐渡市の椿尾の礒に打ち付けられた波の花です。
写真:波の花/なみのはな冬は岸壁に荒波があたり激しく波の花が飛びます。
撮影:渡辺 一夫

観光情報

場所石川県輪島市では曽々木海岸や鴨ヶ浦の波の花がよく知られます。
アクセス
  • 曽々木海岸へのアクセス:能越自動車道・能登空港ICから約34km(約60分)
  • 鴨ヶ浦へのアクセス:能越自動車道・能登空港ICから約18km(約35分)
駐車場
  • 曽々木ポケットパーク:10台/無料
  • 鴨ヶ浦10台/無料
時期・時間気温が約2度以下、約7メートル程度の風速、また波がやや高く荒れていることが、波の花が生まれる条件として必要になります。
お問合せ先
  • 輪島市観光協会事務局 ☎ 0768-22-6588
関連リンク
場所新潟県佐渡市の鎮目サンセットパーク(下相川)、椿尾の海岸、長手岬(相川鹿伏)、外周道路で見ることができます。
アクセス
  • 鎮目サンセットパークへのアクセス:佐渡汽船両津港から約26.5km(約45分)
  • 椿尾の海岸へのアクセス:佐渡汽船両津港から約30km(約45分)
  • 長手岬へのアクセス:佐渡汽船両津港から約26km(約50分)
駐車場
  • 鎮目サンセットパーク:数台のスペース/無料写真:鎮目サンセットパーク鎮目サンセットパークの様子です。海辺に駐車スペースがあります。
  • 椿尾の海岸:なし
  • 長手岬:なし
時期・時間気温が約2度以下、約7メートル程度の風速、また波がやや高く荒れていることが、波の花が生まれる条件として必要になります。
お問合せ先
  • 佐渡観光協会 ☎ 0259-27-5000
関連リンク
場所北海道留萌市ほか留萌管内の各市町村の沿岸で見ることができます。
アクセス
  • 黄金岬海浜公園へのアクセス:深川留萌自動車道・留萌大和田ICから国道233号などで約8.5km(約15分)
駐車場
  • 黄金岬海浜公園:60台/無料
※ほか、沿岸各町村に点在しています。
時期・時間気温が約2度以下、約7メートル程度の風速、また波がやや高く荒れていることが、波の花が生まれる条件として必要になります。
お問合せ先
  • 留萌振興局産業振興部商工労働観光課 ☎ 0164-42-8443
関連リンク

AZは観光スポット、19はドライブコースです。

観光スポット/ドライブコース一覧