道の駅レシピ

うずら卵のなつかし焼き
うずら卵のなつかし焼き(1人前)
道の駅情報

道の駅 田原めっくんはうす

東名豊川ICから国道259号線を伊良湖方面へ
Tel(0531)23-2525
Fax(0531)23-2526
道の駅 田原めっくんはうす

印刷する

レシピを印刷する

レシピはPDF形式です。ご覧いただく場合には専用ソフト「アドビリーダー(Adobe社・Adobe Reader)」が必要です。
お持ちでない方は当バナーよりダウンロードの上、ご利用ください/無料。

道の駅特産品
うずら卵
うずら卵

うずら卵のなつかし焼き

うずら卵に色をつけ花見団子風にすると子供のおやつに最適! 辛目のタレならお酒のつまみに!!

田原市特産
うずら卵 使用
レシピ作成者
木村 政雄様
ここが重要!ワンポイント
たれは(味醂・しょう油・砂糖をお好みにブレンド、辛口等には一味を少々入れる)もしくは、市販の焼鳥・焼肉のたれでも可。

調理時間・材料

調理時間 20分
材料
  • うずら卵 9個
  • レタス 少々
  • タレ 少々
  • 竹串 3本

作り方

1 良く洗ったうずら卵を約5分間茹でる。
2 茹であがった卵の殻に細かいひびを入れる。
3 竹串をねじりながら竹串1本に卵3個程度を刺す。
4 たれを付けて炭火で表面が乾くまで焼く。(オーブンでも可)
5 仕上げに再度表面にたれを付ける。
6 レタス・大葉の上に盛り付けてできあがり。
  *参考:色つけと味付け/赤シソ⇒ピンク色、カレー⇒黄色、赤味噌⇒茶色
戦後の食料難の時代にタンパクとカルシウム分を補えるとして食べられていた。今でも東三河の一部の焼き鳥屋さんでは裏メニューで注文することができます。
レシピ紹介者