道の駅レシピ

寿都の地元の味「ほっけ」 ホッケのすり身汁
ホッケのすり身汁(4人前)
道の駅情報

道の駅 みなとま〜れ寿都

国道229号から寿都漁港へ入る
Tel(0136)62−2550
Fax(0136)62−2550
道の駅 みなとま〜れ寿都

印刷する

レシピを印刷する

レシピはPDF形式です。ご覧いただく場合には専用ソフト「アドビリーダー(Adobe社・Adobe Reader)」が必要です。
お持ちでない方は当バナーよりダウンロードの上、ご利用ください/無料。

道の駅特産品
寿都の地元の味「ほっけ」
寿都の地元の味「ほっけ」

ホッケのすり身汁

寿都の地元の味、秋と春が旬のホッケを使った「ホッケのすり身汁」をご紹介します。道の駅では人気メニューとして、また家で簡単にできるホッケのすり身のつみれとおつゆ、天然岩のりをパックしたものがおみやげとして人気です。「とと花つみれ」4人前¥700 冷凍(解凍しても1週間保存できます)
また、隠し味に地元の水産加工会社が共同で開発したほっけの魚醤「寿都のだし風(かぜ)」を少々加えると旨みと風味が増します。

寿都町特産
寿都の地元の味「ほっけ」 使用
レシピ作成者
道の駅スタッフ 渡部拓也 様
ここが重要!ワンポイント
ごぼうのささがきがちょっとでも入るとおいしくなります。

調理時間・材料

調理時間 20分ぐらい
材料
  • ホッケのすり身400グラム(生をフードプロセッサなどでミンチにしたものでも)
  • こんぶ 2枚(粒状で大さじ2)
  • 水 600CC
  • 酒 大さじ2
  • めんつゆ 大さじ3
  • 塩 少々
  • 魚醤 小さじ2
  • 醤油少々、ごぼうのささがき(4cm分ぐらい、ちょっとでもよい)とうふ、ねぎ、のり適量

作り方

1 すり身にいれるもの(砂糖小さじ1、塩小さじ1、片栗粉大さじ4、卵1 個、お好みで塩の代わりに味噌大さじ1やしょうが汁を少々入れます。)
2 鍋に水を中火にかけ昆布で出汁をとる(できれば前日から分量の水につけておくと出汁が出やすい)。沸騰する前に昆布を出す。
3 こぶ出汁を中火にかけ、材料とごぼうのささがきを入れます。ボウルにすり身と調味料を入れ、粘りが出るまでまぜます。
4 調味料を入れて練ったものを、スプーンなどで一口サイズにして、おつゆの中へいれる。
5 煮立ったら、小さく切った豆腐をいれ、再び煮立ったらお好みのお醤油や塩を入れて味をととのえ、ネギとのりをちらしてできあがり。
地元ではシンプルに食べますが、お好みで野菜をプラスしても。のりは道の駅では地物で手積みの岩のりを使います、とても磯の香が強く好評です。
レシピ紹介者