道の駅レシピ

丹後バラ寿司
丹後バラ寿司
道の駅情報

丹後あじわいの郷

北近畿タンゴ鉄道 網野駅よりバスで26分
京都縦貫自動車道 与謝天橋立I.Cより約30km  約30分
Tel(0772)65-4193
Fax(0772)65-4194
HPアドレス  丹後あじわいの郷
丹後あじわいの郷

印刷する

レシピを印刷する

レシピはPDF形式です。ご覧いただく場合には専用ソフト「アドビリーダー(Adobe社・Adobe Reader)」が必要です。
お持ちでない方は当バナーよりダウンロードの上、ご利用ください/無料。

道の駅特産品
間人ガニ(松葉ガニ)
丹後の塩と塩ポン酢
梨(京たんご梨)
たべそ
(丹後食材を練り込んだそば)
このしろ寿司
丹後の地酒

丹後バラ寿司

「バラ寿司」は丹後地域では春祭りや田植え、婚礼祝宴等のハレの日に良く作られた丹後の名物料理です。盛りつける木箱の名にちなみ「まつぶた寿司」とも呼ばれます。

地域特産品
間人ガニ(松葉ガニ)、牡蠣、丹後コシヒカリ、京たんご梨、このしろ寿司
レシピ作成者
レストラン「メローネ」料理長 様
ここが重要!ワンポイント
鯖の水分をしっかり飛ばすのがポイント

調理時間・材料

調理時間 約90分
材料
  • 米 1升
  • 酢液(酢:280cc 砂糖:280cc 塩:大さじ大盛り1)
  • 鯖(味付鯖缶:440g 1個 砂糖:大さじ5)
  • 卵 4個
  • かんぴょう(乾物) 45g
  • しいたけ(乾物) 20g
  • ごぼう 100g
  • 紅生姜 70g
  • 青もの(山椒の葉、インゲン、グリンピース、キュウリ等) 適量

作り方

1 【酢飯】 ご飯を炊いてすぐに酢液を合わせる
2 【かんぴょうとごぼう】 かんぴょうは水で戻し小さく切る。ごぼうは小さくささがきにする。一緒にだし汁で炊く。
3 【しいたけ】 水で戻して千切りにし、だし汁で炊く。砂糖と醤油で味付けする。
4 【おぼろ】鯖缶を汁ごと小鍋で炒る。身がほぐれ水分が飛んでから砂糖を加える。
5 【錦糸卵】 卵に塩少々を入れて薄焼き卵を作る。
6 【紅生姜】 薄くスライスし、千切りにする。
7 【寿司ごはん】 酢飯が少し冷めたら、かんぴょうを混ぜる。
8 【仕上げ】まつぶたを酢液で濡らし、寿司ごはんをのせ、上に具をのせる。
<丹後あじわいの郷>レストラン「メローネ」のランチバイキングでもお出ししており、お客様からも好評です。是非お試し下さい。(12〜2月冬期営業中は除く)
レシピ紹介者