道の駅レシピ

びわジャム
びわジャム(約1kg分)


道の駅情報

道の駅 とみうら 枇杷倶楽部

アクアラインまたは館山自動車道から木更津南IC経由、終点富浦ICより右折1km
Tel(0470)33−4611
道の駅とみうら 枇杷倶楽部

印刷する

レシピを印刷する

レシピはPDF形式です。ご覧いただく場合には専用ソフト「アドビリーダー(Adobe社・Adobe Reader)」が必要です。
お持ちでない方は当バナーよりダウンロードの上、ご利用ください/無料。

道の駅特産品
房州びわ
房州びわ

びわジャム

皇室への献上びわとして知られる房州びわは、千葉県の誇る、価値あるブランドです。その房州びわを贅沢に使用した甘さ控えめな手づくりジャム。※事前準備として容器(ビンとフタ)を熱湯で殺菌。

富浦町特産
房州びわ 使用
レシピ作成者
羽山 惠子様、佐藤 香代子(写真)様
ここが重要!ワンポイント
美味しいジャムを作るには、作り方④のアクを丁寧に取り除くことが重要です。

調理時間・材料

調理時間 1時間
材料
  • びわ 600g
  • グラニュー糖 340g
  • ペクチン 小さじ1杯
  • レモン汁 小さじ2杯
  • 水 200cc

作り方

1 びわの皮をむいて、2つ割にし、種を出して内側をそうじする。
2 すぐさま薄い塩水(材料の分量=水2リットルに対して、塩こさじ1杯)に入れて変色を防ぐ。
3 ②のびわを薄くスライスする。
4 鍋に③+グラニュー糖(2/3)+水を入れる。煮たつまでは強火〜中火。煮たってから中火以下にし、時々かき混ぜアクを取りながら10分間煮る。
5 グラニュー糖(1/3)とペクチンを混ぜ合わせる。
6 ⑤を手で振り入れるように、少しずつ鍋に入れ、ペクチンが溶けたらレモン汁を加え、すぐに火を止め、素早くビンに入れフタをする。
7 水で冷やして出来上がり。※ジャムは、殺菌処理していないため、早めにお召し上がりください。
出来たてのジャムは、酸味の残る爽やかな味でヨーグルトやパンのトッピングにお勧めです。また、少し時間が経つとジャムが落ち着き、バランスのとれた甘みがします。
レシピ紹介者