国内レーシングカート競技の概要

国内カート競技の最高峰、全日本カート競技選手権

photo  現在、国内のレーシングカート競技においてJAFが行なっている選手権は全日本カート選手権と地方カート選手権、およびジュニアカート選手権の3つです。
  地方選手権は地域シリーズ(東地域/西地域に分かれたシリーズ戦)およびコースシリーズの2つのシリーズから構成されます。
  エンジンの仕様により、4部門に分けられ、うちオーガナイザーが選択した3部門が選手権として開催されます。
  この地方選手権の上に全日本選手権があります。全日本選手権もエンジンの仕様によりFA、ICAの2部門に分けられています。東地域/西地域別々に分かれたシリーズ戦が行われた後に両シリーズの上位者が統一競技会を戦い、シリーズチャンピオンを決めるという形が取られています。
  またジュニア選手権は、当該年度満12歳以上15歳未満のトップドライバーが全日本FA/ICA部門と同様に東地域/西地域各々のシリーズ戦を行い、その上位者が東西統一競技会で競い、年間チャンピオンが決定します。

ビギナーにもいろいろな種類のレースが用意されている!

photo  地方選手権の下には、各地のレーシングカートクラブ、レーシングカートコースが主催するローカルレースが多数あり、ビキナーからステップアップを狙う若者達、また趣味としてレーシングカートに親しむベテランまで、幅広い層がレーシングカートを楽しんでいます。


国内レーシングカート