事業活動でも、エコの輪を拡大

活動のあらまし

 JAFは平成15年4月に『JAFの環境方針』を策定し、環境マネジメントシステム(EMS)活動を開始しました。EMSとは、企業や団体が環境に配慮した事業活動を行うために、「Plan-Do-Check-Act」というPDCAサイクルに則り、継続的に改善を進める組織運営の手法です。

ISO14001認証拡大の考え方とその状況
全国のJAF本部マップ


 JAFでは、環境方針実現のため、EMSの国際規格であるISO14001の認証を2003年12月に本部で取得、2008年4月までに全国主要9拠点に拡大し、活動しています。
 また、2005年7月より、ISO14001の認証取得をしていない事務所においても、業務における環境負荷の計測をはじめました。
 更に、2010年4月の省エネ法改正により原油換算後のエネルギー使用量の計測も開始、2016年度実績は2,437klで2010年度比約28%の削減、CO2換算では約16%の削減を達成することができました。
今後も地球環境に配慮した取り組みを進め、「健全なくるま社会」の発展に寄与してまいります。  

全国のJAF拠点における環境負荷データ
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
コピー用紙使用量 (A4換算) 16,655,526枚 15,081,453枚 13,978,746枚 13,881,910枚
廃棄物排出量
可燃・不燃
168,688kg 157,246kg 181,693kg 159,635kg
エネルギー
使用量
電気 10,607,822kWh 9,684,140kWh 8,781,319kWh 8,879,346kWh
ガス 115,194m3 107,856m3 97,416m3 92,973m3
重油・灯油 61,811L 67,344L 63,852L 64,678L
燃料使用量 ガソリン 1,126,702L 1,067,511L 1,173,210L 1,130,914L
軽油 4,714,566L 4,340,704L 4,257,352L 4,063,511L
LPG・CNG 91,455L 64,223L 30,754L 19,060L
グリーン購入比率 54.70% 60.30% 68.80% 74.42%
グリーン購入比率とは環境にやさしい製品を購入した比率です。
このページのトップへ