環境方針

JAFは「ISO14001」の認証も取得。環境保全活動を強化しています。

環境方針

JAFは環境マネジメントシステムに関する国際規格である「ISO14001」の認証を、平成15年に本部で取得した後、その対象範囲を全国の事務所へ随時拡大しています。(ISO14001認証拡大の考え方とその状況はこちら)。 今後も以下に掲げる「JAFの環境方針」に従い、さらに環境保全活動を強化してまいります。

JAFは自動車ユーザー団体として、諸事業の推進に当たっては、環境負荷軽減に努めるなど循環型社会の形成を目指し、地球環境に配慮した「健全なくるま社会」の発展に寄与することをモットーとします。

1 環境負荷の軽減

事業活動において、エネルギー及び資源の有効利用、廃棄物の削減並びに汚染の予防に取り組み、環境負荷の軽減に努めます。

2 情報提供・啓発活動の推進

自動車ユーザーに対し、環境、資源、エネルギー問題に関する情報提供・啓発活動を積極的に推進します。

3 要求事項の遵守

関連する環境法規、規制及びJAFが同意した環境に係わる要求事項を遵守します。

4 継続的な改善への取り組み

環境目的・目標・プログラムを設定し、環境マネジメントシステム及びパフォーマンスの継続的な改善に努めます。

5 環境教育の実施

全従業員の環境意識の向上を図り、自らが責任を持って環境保全活動を遂行できるよう環境教育を実施します。

平成23年4月1日
一般社団法人 日本自動車連盟

トピックス ► JAFと環境のかかわり

このページのトップへ