JAF NEWS RELEASE
本部広報2000-04
平成12年1月21日


年間でもキー閉じ込みトップ
〜1年間のロードサービス〜


 JAF(社団法人 日本自動車連盟)は1月21日、平成11年1月1日から平成11年12月31日までの1年間にJAFが全国で出動したロードサービス296万7696件の主な出動理由をまとめた。

 1位はキー閉じ込みで76万9710件(構成比25.94%)で全体の4分の1以上を占めており、ドライバーのうっかりミスによるものと思われる。続いてバッテリー過放電71万8095件(同24.20%)、事故24万8507件(同8.37%)だった。

 道路別にみると、一般道路はキー閉じ込み76万1723件(構成比27.50%)、過放電バッテリー70万9561件(同25.62%)、事故22万7748件(同8.22%)だった。高速道路ではタイヤ関係(パンク・バースト・エア圧不足など)3万4494件(同17.45%)、燃料切れ2万4928件(同12.61%)、事故2万759件(同10.50%)と、高速道路特有のものが上位を占めた。

●「原因別路上故障状況表」
 (JAFロードサービス主な出動理由「TOP10」)

一般道路
順位
故障内容
件数
構成比(%)
1
キー閉じ込み
761,723
27.50
2
過放電バッテリー
709,561
25.62
3
事故
227,748
8.22
4
落輪・落込
208,447
7.52
5
タイヤのパンク、バースト、エア圧不足
192,272
6.94
6
破損/劣化バッテリー
78,115
2.82
7
発電機/充電回路
57,541
2.08
8
燃料切れ
52,516
1.90
9
スターターモーター
25,301
0.91
10
オートマチックミッション
19,117
0.69
以 上 計
2,332,341
84.20
その他合計
437,725
15.80
総 合 計
2,770,066
100.00


高速道路
順位
故障内容
件数
構成比(%)
1
タイヤのパンク、バースト、エア圧不足
34,494
17.45
2
燃料切れ
24,928
12.61
3
事故
20,759
10.50
4
過放電バッテリー
8,534
4.32
5
キー閉じ込み
7,987
4.04
6
タイミングベルト関係
6,561
3.32
7
発電機/充電回路
6,289
3.18
8
補機駆動ベルト
5,444
2.75
9
シリンダーガスケット
5,073
2.57
10
エンジン破損・異音
4,733
2.39
以 上 計
124,802
63.15
その他合計
72,828
36.85
総 合 計
197,630
100.00


道路合計
順位
故障内容
件数
構成比(%)
1
キー閉じ込み
769,710
25.94
2
過放電バッテリー
718,095
24.20
3
事故
248,507
8.37
4
タイヤのパンク、バースト、エア圧不足
226,766
7.64
5
落輪・落込
208,883
7.04
6
破損/劣化バッテリー
79,268
2.67
7
燃料切れ
77,444
2.61
8
発電機/充電回路
63,830
2.15
9
スターターモーター
26,264
0.88
10
タイミングベルト関係
25,356
0.85
以 上 計
2,444,123
82.36
その他合計
523,573
17.64
総 合 計
2,967,696
100.00

注)調査期間:平成11年1月1日から平成11年12月31日までの1年間