JAF NEWS RELEASE
本部広報2002-09
平成14年8月15日


家族会員数が300万名を突破
〜JAF7月末現在の会員数〜


 社団法人日本自動車連盟(JAF)の総会員数は平成14年7月末で、1679万5428名にのぼりました。前年同期に比べておよそ43万名の増。現在、JAFの会員は「個人会員」、「家族会員」、「法人会員」の3種類から構成されていますが、この中で、今回初めて、家族会員数が300万台の大台にのり、305万2231名に達しました。

 JAFの統計によりますと、7月度の家族会員の入会者数は9万1542名(前年同月比53.8パーセント増)で、会員制度が改正された平成12年度以降、単月の入会者数としては、最高の数字をマークしました。

 家族会員について説明しますと、その会員は「個人会員と生計を一にする家族」を対象としており、家族会員の年会費は2,000円。これは個人会員の年会費の半額に相当しますが、ロードサービスや施設割引サービスなどについては、個人会員とおなじように利用できます。

 なお、今回の統計では、7月末現在、個人会員は1314万7209名、法人会員は59万5988名となりました。

 JAFはこれからも、「安全」と「安心」の面に配慮した良質なロードサービスをドライバーに提供するため、救援依頼を受ける受付指令システムの近代化に取り組む一方、サービスカーの出動基地などの整備拡充を図って参ります。