JAF NEWS RELEASE
本部広報2003-11
平成15年9月26日


JAFも地震で災害対策本部設置、救援活動開始



 社団法人日本自動車連盟(JAF)は26日、同日未明、北海道で発生した地震に伴う車両のトラブルなどに対応するため、地震災害対策本部(本部長・染宮透JAF北海道本部事務局長)を設置した。

 同本部からの報告によると、同日未明、十勝川河口付近で鮭釣りをしていたドライバーから「地震による津波により、河口付近に駐車させていた乗用車2、30台が冠水して動けなくなったので救援してほしい」との救援要請が相次いだ。

 このため、北海道本部はさっそく札幌、室蘭両支部などからレッカー車や車積載車など災害救援車両5台を現地に急行させ、救援作業を開始した。

 なお、同災害対策本部は十勝川河口から半径60キロメートル内の被災地における車両救援活動のうち、牽引作業については災害時の公益活動の一環として取扱い、その料金はJAF会員、同非会員を問わず無料とした。