JAF NEWS RELEASE
本部広報2004-07
平成16年3月31日


ミニカーをロードサービス対象車種に
〜普及に伴い4月1日から〜


 JAF(社団法人日本自動車連盟)は、4月1日からロードサービス対象車種を拡大し、ミニカーからの救援依頼に対応することにした。

 ミニカーは電気モーターや排気量50CC以下のエンジンで走り、車両は第一種原動機付自転車にあたるが、運転には普通自動車免許が必要になる。なおロードサービス対象になるのは、ミニカーの中で4輪車のもの。車検や車庫証明が不要だったり、税金、燃料等維持費が安く、環境への関心の高さから、今後ミニカーは普及するものと考えられている。

 現在国内では約1万台が普及しているが、JAFはミニカーのけん引等に必要な装備資機材を導入する一方、ロードサービス隊員への研修を済ませ対応する。

JAFミニカー画像


前のニュースへ より新しいJAFニュースへ