JAF NEWS RELEASE
本部広報2006-08
平成18年5月18日


JAFの支部事務所に自動体外式除細動器(AED)を設置
〜心肺停止の救命措置に備えて〜



 JAF(社団法人日本自動車連盟)は、心肺停止の救命措置に必要な「自動体外式除細動器(AED)」を、一部の支部事務所に設置し、救急時に使用できるよう態勢を整えています。

 AEDを設置しているのはJAF本部、関東本部、中国本部管内の11拠点で、導入に際しては職員が救急蘇生法の講習を受講して、AEDの機能や取扱いに精通するよう研修を積んでおります。

 日本では2004年7月から、それまで医師や救急救命士に限られていたAEDの使用が、救命のためであれば一般市民でも使えるようになりました。そこでJAFは、突然死の原因となる心臓疾患が万が一起きた時に、救急車が到着するまでの救命措置が行えるようAEDを事務所内に設置。また野外での活用方法として、休日に開催されるイベント会場等に持ち出すことも検討しています。
 またAEDの導入に併せて、ロードサービス救援出動中に遭遇した交通事故等の災害時にも対応できるように、全国のロードサービスに従事する全職員への救急蘇生法の取得を積極的に推進しています。

 JAFは今後も社会貢献のため、全国の拠点へのAED設置の積極的な推進と、職員に対する救急蘇生法の技能取得を推進していくことを計画しています。

[ AEDの設置場所 ]
 
本部・関東本部
○本部事務所(東京都港区芝大門1-1-30日本自動車会館14階)
  ○多摩研修センター(東京都多摩市永山6-24-2)
  ○東京支部事務所(東京都港区芝2-2-17)
  ○新潟支部事務所・新潟基地(新潟県新潟市鳥屋野402-1)
  ○新潟支部長岡基地(新潟県長岡市上除町西1-23-1)
  ○新潟支部上越基地(新潟県上越市鴨島1-2-23)
 
中国本部
○広島支部事務所(広島県広島市西区庚午北2-9-3)
  ○鳥取支部事務所(鳥取県鳥取市千代水2-13)
  ○島根支部事務所(島根県松江市東津田町1092-1)
  ○岡山支部事務所(岡山県岡山市さい155-9)
  ○山口支部事務所(山口県山口市大字朝田2094-1)
*平成18年4月1日現在、11拠点11台設置
AED実物写真 AED実物写真

   ※ 中国本部は全管内支部、新潟支部は県内全拠点にAED設置完了。
   ※ 緊急時は設置したAEDを職員以外の方でもご利用いただけます。


前のニュースへ 新しいニュースへ