JAF NEWS RELEASE
本部広報2006-21
平成18年10月12日


1,780箇所の全国主要渋滞ポイントをランク付け!
〜道路の渋滞ポイントに関するアンケート〜



  JAF(社団法人 日本自動車連盟)はこのほど、自動車ユーザーが都道府県別に渋滞ポイントをランク付けした『道路の渋滞ポイントに関するアンケート調査』の結果をまとめました。

 この調査は、今年2月から3月にかけて、国土交通省がすでに発表した全国の「主要渋滞ポイント」(渋滞距離や通過時間を基準として抽出された渋滞ポイント全国1,780カ所)等について、地域の道路事情に精通している自動車ユーザーの立場から渋滞箇所をランク付けしてもらうために実施しました。
 ランク付けの方法は、まず国土交通省のリストアップした箇所について、自動車ユーザーに「交通渋滞がひどい」と思われる箇所を上位5カ所選んでもらい、その結果をポイント別に得票数(順位に関係なく5カ所は各1点を配点)と得点数(5カ所の順位に応じて点数を配点)の2種類にわけて集計し、それぞれ渋滞箇所をランク付けしました。

 その結果、東京都では、渋滞ポイント120箇所の中で、「得票数」では「芝公園入口〜谷町JCT付近」、「得点数」では「有明JCT付近」が1位にランク付けされたものの、渋滞状況については他の箇所との間には大きな差がありませんでした。
 一方、神奈川県を見ると、122箇所中、「得票数」、「得点数」ともに「原宿交差点」、「東名入口交差点(横浜町田IC交差点)」が他の箇所を大きく引き離して1位、2位となり、多くのユーザーが渋滞のひどい地点として認知していることがうかがえます。

 その他、自由記述により「渋滞のひどい」地点を聞いたところ、国土交通省がまとめた1,780箇所を大きく上回る2,207箇所の指摘がありました。

 JAFでは、今回の調査結果を行政機関等に提出し、今後の道路整備等の貴重な資料とすることを要望する方針です。


 『道路の渋滞ポイントに関するアンケート調査』はこちら(PDFファイル)
   北海道・東北(PDFファイル 393KB) 関東・甲信越(PDFファイル 473KB) 中部(PDFファイル 384KB)
   関西(PDFファイル 423KB) 中国・四国(PDFファイル 408KB) 九州(PDFファイル 398KB)



前のニュースへ 新しいニュースへ