JAF NEWS RELEASE
本部広報2007-A4
平成19年4月12日


JAF会員への新サービス 「災害通報メール配信サービス」の提供開始について
〜「JAF ホッ!とマップメール」〜


 JAF(社団法人日本自動車連盟、会長:田中節夫、会員数1727万人)は4月20日(金)から、会員向けの新サービスとして、「災害通報メール配信サービス」の提供を開始します。

 このサービスは、会員へのサービスの拡充の一環として実施するもので、地震や台風などの自然災害の発生状況や各種警報などを携帯電話等のメールアドレス宛に配信するものです。サービスの詳細は下記のとおりとなります。

   
  1. 名称: 「JAF ホッ!とマップメール」
  2. 開始時期: 平成19年4月20日(金)
  3. 対象: 20年以上JAFを継続している個人会員(2007年4月現在、240万人)。永年会員向けの優遇サービスとして無償で提供
  4. 内容:
  「災害通報メール」(安否確認機能付き):災害発生時、災害情報とともに自分の安否を知らせるためのメールを受信します。そのメールにメッセージをつけて返信すれば、予め登録しておいた7人のメールアドレスに現在位置を地図付きで一斉送信することができます。また、やりとりもできるので、登録者間で相互に安否を確認できます。
  「避難所マップメール」:災害発生時、災害情報とともに予め登録しておいたエリア(3都道府県)の避難所リストが地図付きで送られてきます。また、携帯電話の位置情報(GPS等で取得)から、今いる付近の避難所リストを取得することもできます。登録エリアの設定は変更可能です。
  5. 利用料金: 無料(登録や利用の際にかかる通信費(パケット代)はお客様負担)
  6. 利用方法: 携帯電話やパソコンからJAFのホームページにアクセスし、登録手続きを行います。
   パソコン: http://www.jaf.or.jp/memship/hotmap/
   携帯電話: http://jaf.hotmap.jp/i/
  7. 業務委託会社: 国際航業株式会社(東京都府中市)



前のニュースへ 新しいニュースへ