JAFニュース

モータースポーツライセンス発給数が前年を上回る
〜2007年モータースポーツライセンス(四輪)発給数〜

本部広報2008-04
平成20年2月6日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)は、このたび2007年(1月から12月)に発給したモータースポーツライセンス(四輪競技会用、以下「ライセンス」という)の発給件数をまとめたところ、合計で67,674件となり、前年(2006年)の発給数を132件上回りました。また、そのうち、競技運転者(国内B、国内A、国際)への発給数の合計も47,888件となり、こちらも前年を262件上回りました。

ライセンスの発給数は、1963年のJAF創立以来順調に増加を続け、1992年にピークに達した後、バブル経済の崩壊などの影響を受けて毎年減少を続けていましたが、このたび15年ぶりにプラス方向に転じました。

その理由としては、ホームページからのライセンス申請書のダウンロード提供などJAFにおけるライセンス申請手続きの簡素化や、JAFの登録クラブが集まって組織されたJAF登録クラブ地域協議会(略称:JMRC、全国8ヶ所に設置)の関係者、競技会オーガナイザーなどによる地道な普及活動が実を結んできたものと考えられます。

JAFは今後もクラブやオーガナイザーと協力しながら、ライセンス取得者の増加に向けて努力してまいります。

前へ

次へ

このページのトップへ