JAF NEWS RELEASE
本部広報2008-08
平成20年4月15日


「燃料切れ」によるロードサービス実施件数の集計結果



 JAF(社団法人日本自動車連盟)は、平成20年3月29日〜平成20年4月11日の2週間、「燃料切れ」によるロードサービス実施件数を全国集計した。

【 集計結果 】
1. 期間  平成20年3月29日(土)〜平成20年4月11日(金)
2. 「燃料切れ」によるロードサービス実施件数    
【 平成20年 】  
一般道路 3,112件 (前年同期比 155.2%)
高速道路    612件 (前年同期比  99.4%)
全道路 3,724件 (前年同期比 142.1%)
【 平成19年 】    
一般道路   2,005件
高速道路    616件
全道路   2,621件

※ 県別結果については添付資料を参照ください。
※ 平成20年3月のJAFロードサービス総実施件数は226,199件(前年比99.6%)。その内「燃料切れ」によるものは8,708件(構成比3.85%)
※ 依頼者に聞き取り調査を行っていないため、「燃料切れ」の原因は判断できない。


  JAFはドライバーに高速道路などを利用して長距離ドライブするときには、高速道路に入る前に「燃料の補給」と「タイヤの空気圧チェック」を心掛けるよう呼びかけている。



 ◆資料
 >>> PDFドキュメント 平成19年『燃料切れ』によるロードサービス実施件数
 >>> PDFドキュメント 平成20年『燃料切れ』によるロードサービス実施件数



前へ

次へ

このページのトップへ