JAFニュース

JAFロードサービス救援依頼のインターネット受付を開始

本部広報2008-20
平成20年7月10日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)は、インターネット(電子メール)を通じて、パソコンや携帯電話からロードサービスを依頼できるサービスを北海道、東北、関東、中部、九州の5つのエリアで7月から開始しました。(関西、中国、四国は平成20年度中に実施予定)

JAFでは、今年7月1日に北海道、関東(北関東と南関東を同時統合)、中部の各ロードサービス救援コールセンター(指令室)へ、新しいロードサービス受付指令システムを導入しました。
  同システムは、インターネット(電子メール)による救援依頼の受付が可能で、昨年度、同システムを導入した東北と九州のコールセンターとあわせ、5つのエリアで7月から同サービスの開始となりました。

利用方法は、お客様がパソコンまたは携帯電話から、JAFのWEBサイトへアクセスし、「メールで救援依頼」または「救援コールWeb受付システム」をクリックします(またはhttp://jaf8139.ccへ直接アクセス)。画面に従い各自のメールアドレスを入力し、空メールをJAFへ送信します。(※1)
 その後、専用入力フォーム(依頼フォーム)のホームページアドレス(URL)がJAFから電子メールで送信されます。(※2)
 その「依頼フォーム」にアクセスし、必要事項を入力し、再び送信します(送信ボタンをクリック)。
 JAFは、お客様からの依頼フォーム受信後、お客様へ現場到着予定時間などを電子メールで連絡(送信)します。
 また、GPS(全地球測位システム)機能付携帯電話を利用の場合は、位置情報(緯度経度)を依頼フォームで送信することができますので、お客様の現在地(住所)がわからない場合でも場所を特定することができます(GPS信号が捕捉できる場合)。


※1 パケット通信等、通信にかかる費用はお客様負担です。
  ※2 ドメイン指定受信の場合は、“jaf8139.cc”の登録が必要です。

資料

 

前へ

次へ

このページのトップへ