JAFニュース

JAF会員のけん引距離無料範囲を拡大
〜12月1日から15kmに。40年ぶりの変更、会員へのサービス向上をめざす〜

本部広報2008-28
平成20年10月17日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)は、ロードサービスのけん引(レッカー移動、搬送)において、会員のけん引距離無料範囲を12月1日から15kmに拡大します。

会員のけん引距離無料範囲は現在5kmまで。これは1968年(昭和43年)4月に定めたものです。近年は、クルマやバイクの電子制御化などにより、現場での応急修理が難しく、ディーラーや整備工場などへけん引(搬送)するケースが多くなっています。 また、けん引先までの距離も長くなる傾向にあり、会員からは、けん引距離の無料範囲の拡大を求める声が多く寄せられております。

JAFは、会員のご要望にお応えし、12月1日(午前0時)から、会員のけん引距離無料範囲を従来の5kmから、15kmに拡大します。

JAFロードサービスのけん引料金例
けん引
(レッカー、搬送)
12月1日から 2008年11月30日までの旧料金
JAF会員 JAF会員 会員でない方
会員の無料距離 15kmまで無料 5kmまで無料 なし
昼間一般道で
15kmけん引の料金例
無料 10km分負担 15km分負担
けん引料 無料 6000円
(1kmごとに600円)
9000円
(1kmごとに600円)
基本料 無料 無料 6500円
作業料 無料 無料 4000円
無料 6000円 19500円

※会員のけん引距離無料範囲を超える場合は、1kmごとに700円がかかります。(2009年4月1日現在)

JAFは、これからもさらなるサービス向上を図り、迅速で良質なロードサービスを提供するよう努めてまいります。

前へ

次へ

このページのトップへ