JAFニュース

後部座席のシートベルト着用率は、「高速道62.5%」「一般道30.8%」
〜JAFと警察庁が着用義務化後初の着用状況全国調査を実施〜

本部広報2008-29
平成20年11月13日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)と警察庁は、10月1日(水)〜10月18日(土)の間、自家用乗用車等の利用者を対象に「シートベルト着用状況全国調査」を実施しました。

後部座席のシートベルト着用率は、高速道等で62.5%(前年13.5%)と、前年より49.0ポイント向上、一般道でも30.8%(前年8.8%)と前年より22.0ポイント向上しました。

一般道の運転者の着用率は、95.9%(前年95.0%)、高速道等では99.0%(前年98.5%)で、後部座席着用率の向上とともに前年よりも高い結果となりました。(助手席同乗者の着用率は、添付資料を参照ください。)

交通事故が発生した際のシートベルトの有効性は明らかで、今年6月の改正道路交通法の施行(全席シートベルト着用義務化)にともなって、後部座席での着用率は大幅な向上となりましたが、前部座席(運転者・助手席同乗者)の着用率と比べるとまだ低い結果です。

JAFでは、車内の安全を確保するため、これからもシートベルトの着用とチャイルドシートの使用の啓発を中心にさまざまな活動を行ってまいります。

資料

前へ

次へ

このページのトップへ