JAFニュース

JAFロードサービス特別支援隊を北海道へ派遣
雪により急増するロードサービス救援依頼に対応

本部広報2010-03
平成22年2月1日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)は、2月1日から28日までの1ヵ月間、降雪による繁忙支援のためロードサービス特別支援隊を北海道(札幌)へ派遣します。冬期繁忙支援のための派遣は今回で6回目。
 今回は東京、静岡、愛知、奈良、和歌山、岡山の6支部から1名ずつ計6名を派遣。現地入り翌日の2月2日から5日までの4日間は、凍結路走行や特殊機材取扱いなど、安全かつ迅速な作業を行うための慣熟研修を行います。研修後は2名で1台のサービスカー(レッカー車)に乗車し、札幌エリアの救援に出動します。

昨年のロードサービス特別支援隊の作業の様子

写真:昨年のロードサービス特別支援隊の作業の様子

札幌支部のロードサービス実施状況 (平成20年度)

札幌支部のロードサービス実施状況

JAFロードサービス特別支援隊

2004年(平成16年)4月に編成され、災害発生時などにおいて公益的サービスの向上を図るため、全国から選抜された隊員で構成。担当エリアを越えて救援活動を実施します。

大雨・地震などの災害発生時や、大雪など一時的に救援依頼が増加する期間に故障車両等のロードサービス救援活動を行うほか、警察等の要請により緊急輸送路等の放置車両の排除も実施します。

前へ

次へ

このページのトップへ