JAFニュース

「軽自動車に軽油」―減らない燃料の給油ミス
燃料の給油間違いによるトラブル全国調査結果

本部広報2010-04
平成22年2月22日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)は、燃料の給油間違いによるトラブルの状況を把握するため、2009年12月1日から2010年1月31日の2カ月間にわたり、燃料の給油間違いによる救援依頼について全国調査を実施しました。その結果は以下のとおり。

集計結果(※詳細結果については添付資料をご参照ください。)

期間
2009年12月1日(火)〜2010年1月31日(日)
発生件数

【参考】期間中のロードサービス総件数476,222件(前回483,119件、前々回492,393件)
内訳

※( )内の構成比は一部不明件数があるため、合計が100%となっていません。
主な理由(理由判明分)

上記のほかは、「ガソリンスタンド店員の間違い」が5件あったほか、「初めてセルフスタンドを利用した」「給油する燃料がわからなかった」などがありました。

セルフ式給油スタンドが増加していることから、マイカーではない車両や、初めて乗る車両に給油する時は、必ず車検証や取扱説明書で燃料の種類を確認するなど、慎重に給油するようドライバーに呼びかけてまいります。

資料

前へ

次へ

このページのトップへ