JAFニュース

4月からロードサービス対象車種を拡大
法人タクシー・事業用貨物を対象車種に
「キー閉じ込み」「燃料切れ」限定で大型自動車も対応

本部広報2010-07
平成22年3月15日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)は、今年4月1日からロードサービスの対象車種を拡大します。

今回、拡大の対象となるのは、事業用乗用自動車(法人タクシー・ハイヤー)、事業用貨物自動車、事業用二輪自動車、事業用特種用途自動車(介護タクシー)です。

また、キー閉じ込み、燃料切れの救援作業に限定しますが、車両重量3,001kg以上の自動車をロードサービスの対象とします。


■JAFロードサービス対象車種(2010年4月1日から)

  1. 車両重量3,000kg以下、かつ最大積載量2,000kg以下の自動車(ミニカーを含む。)及び原動機付自転車
  2. キーの閉じ込み、燃料切れの救援作業に限り、車両重量3,001kg以上の自動車を対象

※いずれも大型特殊自動車及び小型特殊自動車は除く。

※車両番号を登録する法人会員は、事業用自動車(法人タクシーなど)の登録はできません。

JAFロードサービス 新たに拡大する対象車種


前へ

次へ

このページのトップへ