JAFニュース

お盆期間のJAFロードサービス出動件数は減少
「タイヤのパンク」「バッテリーの破損・劣化」「燃料切れ」は増加

本部広報2010-26
平成22年8月26日

JAF(社団法人日本自動車連盟、田中節夫会長)がお盆期間(8月7日〜15日の9日間)に実施したロードサービス件数をまとめました。

概要

  • 一般道路は4,012件減少、前年比94.9%。高速道路は428件減少、前年比92.5%。 全体では4,440件の減少、前年比94.7%
  • 出動内容では「タイヤのパンク」「バッテリーの破損・劣化」「燃料切れ」が増加した。今年の猛暑による影響があったと思われる。

実施件数合計(四輪・二輪合計)

日付
曜日
8月 合計
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
2010 9,138 8,997 7,863 7,894 8,073 8,866 9,568 9,595 9,392 79,386
曜日
合計
2009 9,274 8,959 9,059 8,337 9,289 9,824 10,018 9,790 9,276 83,826
増減 -277 -1,096 -1,165 -264 -423 -256 -423 -398 -4,440
前年 97.0% 87.8% 87.1% 96.8% 95.4% 97.4% 95.8% 95.9% 94.7%

原因別路上故障状況表(四輪・二輪合計)JAFロードサービス主な出動理由TOP10

一般道路
順位 故障内容 件数 前年比
1 過放電バッテリー 24,873 97.2%
2 キー閉じ込み 8,810 88.6%
3 タイヤのパンク(バースト、エア不足含む) 7,526 106.9%
4 落輪(落込含む) 4,558 86.9%
5 破損バッテリー(劣化含む) 4,131 107.7%
6 事故 3,421 93.4%
7 燃料切れ 2,643 112.3%
8 発電機(充電回路含む) 1,899 88.7%
9 スタータモータ 1,037 94.4%
10 ハンドルロック(キー作動機構含む) 686 92.1%
以上計 59,584 96.6%
その他合計 14,537 88.2%
総合計 74,121 94.9%
高速道路
順位 故障内容 件数 前年比
1 タイヤのパンク(バースト、エア圧不足含む) 1,460 99.1%
2 燃料切れ 661 87.2%
3 事故 383 89.7%
4 過放電バッテリー 381 93.8%
5 発電機(充電回路含む) 180 84.9%
6 キー閉じ込み 107 95.5%
7 オートマチックミッション 95 86.4%
8 補機駆動ベルト 85 79.4%
9 破損バッテリー(劣化含む) 67 87.0%
10 ベルト駆動機器 60 85.7%
以上計 3,479 92.7%
その他合計 1,786 92.1%
総合計 5,265 92.5%

JAFでは、トラブルを未然に防ぐためにも、「燃料」や「タイヤの空気圧」など、日常点検を実施するよう、ホームページ等を通じて自動車ユーザーに呼び掛けることにしています。

資料

前へ

次へ

このページのトップへ