JAFニュース

「子どもを車内に残して車を離れたことがある」は28.2%
〜これからの季節、子どもの熱中症事故に注意〜

本部広報2011-07
平成23年4月20日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長田中節夫)は、自動車ユーザーを対象に子どもの車内事故に関する実態を把握するためのアンケート調査を実施しました。回答者7,048人のうち28.3%の人が、「子どもが車内で怪我をするなど危険な目にあった経験がある」と回答しています。また、「子どもを車内に残したまま車を離れたことがある」と回答した人は、全体の28.2%を占めています。

○「子どもの車内事故に関するアンケート調査」結果の詳細は…

http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/data/info/1103enq/index.htm


なお、JAFが出動した2月と3月のロードサービスのうち、幼い子どもが自動車の車内に残されたままの「キー閉じ込み」件数は、全国で433件ありました。「車内にいる子どもがドアをロックしてしまった」というものが多く、子どもを車内に残して車を離れてしまったことが原因のようです。

また、JAFが過去に実施した車内温度の測定テストでは、気温20度程度でも、閉め切った車内は50度近くに上昇することがわかりました。春など比較的すごしやすい季節でも、車内に幼い子どもを残すことは大変危険です。「外は涼しいから」、「子どもが眠っているから」、「10分、20分で戻るから」といったドライバーや保護者の思い込みが、幼い子どもの熱中症事故を引き起こす原因のひとつになっています。

たとえわずかな時間であっても、車内に幼い子どもを残すことは絶対にしないように心がけましょう。

○JAFユーザーテスト「車内温度」の詳細は…

http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/index.htm

「キー閉じ込み」防止のポイント
  • ① ドアの施錠(ロック)はカギを手に持って(リモコンキーの場合も手に持って確実に)
  • ② トランクに荷物を積み込む場合は要注意(トランク内のキー置き忘れに注意)
  • ③ クルマのキーやリモコンキーを子どもに渡さない

キーを閉じ込んでしまった場合は…

落ち着いてJAFへご連絡ください。お子様が車内に残されている場合は、必ずその旨を受付者にお申し出ください。

前へ

次へ

このページのトップへ