JAFニュース

東日本大震災被災会員に対する一部費用の免除について

本部広報2011-10
平成23年4月28日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長田中節夫)は、東日本大震災により被災した会員に対して、継続年会費を免除し有効期限を1年間延長することとしているが、その申請期間をこれまでの平成23年8月末日から平成23年12月末日まで延長することいたしました。

また、対象については、平成23年3月から平成23年8月に有効期限を迎える会員としていたものを、平成23年3月から平成24年2月に有効期限を迎える会員にまで拡大いたしました。

手続きの詳細は以下のとおり

■JAF会員継続会費の免除および有効期限1年間延長について
<適用範囲> この度の災害により自治体が発行する家屋の罹災証明書の交付を受けられた方で、会員の有効期限が平成23年3月から平成24年2月の会員様
<申請方法>
【申請に必要な書類】
会費免除申請書(個人用)PDFドキュメント ・会費免除申請書(法人用)PDFドキュメント
・JAF会員証のコピー ・罹災証明書(市町村発行の家屋の損壊に関するもの)のコピー
【申請先】
郵送の場合: 〒338-0002 さいたま市中央区下落合4-1-1 JAF総合案内サービスセンター免除受付係まで
来店の場合: JAF支部または事務所窓口 ※通常どおり営業しています。
<申請期間> 平成23年12月末日まで受け付けます(郵送の場合は、12月末日消印分まで)。会員の有効期限から4か月以内に申請してください。
本申請は平成23年12月末日をもって受付を終了いたしました。

JAFホームページ



■JAF会員証の再発行に係る手数料(税込525円)の免除について
<対象> 被災により会員証を紛失した会員様
<受付窓口>
・電話の場合:総合案内サービスセンターまで 0570-00-2811(全国共通・年中無休)
・来店の場合:JAF支部または事務所窓口 ※通常どおり営業しています。
<受付期間> 平成24年3月末日まで受付いたします。

この件に関するお問い合わせは、総合案内サービスセンターまで

前へ

次へ

このページのトップへ